毎日何かパソコンを弄ることがないか考えています。
以前より分かる範囲でパソコンのハード、ソフトを、弄りまくっていましたが
今年から色々弄った内容をその都度、このページに更新していこうと思っています。
年寄りの遊びです。つまらない内容ですがお暇でしたら見て下さい。

’10年2月サブPCのCPUを交換し、Windows7 32bitを入れてみました。
何も分からずOCに挑戦、モニターが真っ黒になり、焦ってBIOS初期化をして
何とか直りました。当分OC挑戦はジーさんのやることではないと思い、封印します。
今度のサブPCのCPU(AMD PhenomII X2 550 Black Edition BOX)がうまくいくと
4コア化が可能の場合があるとのことで挑戦。これも現在使用しているマザーボードが
4コア化に対応していないことが分かり敗退しました。
その後USBファイル転送機能付き 4ポートUSB切替器
を購入、2台のPCを同期して使って遊んでいます。
’10年3月現在、2台とも動作が順調でやることが無く
暇で困っています。
’10-3-6メインのホームページビルダーが調子悪く色々弄り’10-1-15日作成の
復元イメージに戻して見ましたら、やっと調子が戻り、順調になりました。
但しWindows livemailの保存は出来なくなり、
Windowsliveおすすめパックをダブルクリック、修復で直りました。
'10-3-10ホームページビルダーが直ったと思ったら、今度はインターネットが
時々繋がらないときがある。どの復元ポイントに戻しても直らない。
クリーンインストール決行。
やってみると結構楽しい。今度はついでに起動ドライブを60→80Gに変更して見た。
色々インストールし直し、カスタマイズが済むまで、2日かかった。
'10-4-3パソコンまわりのスイッチ類を色々変えてみました。

@はUSB切り替え器で2つのUSB機器がメイン、サブPCへと切り換えられます。
この切り替え器にはキーボード、マウスを接続し。双方のパソコンに切り換えられるようにしました。
Aはだいぶ前に購入したモニター切り替え器です。これを使ってディアルモニターの
ON、OFF切り替えが簡単に出来るよう改善しました。
Bは上で紹介したUSB切り替え器です。外付けHDD2台と2つのフラッシュメモリーの
切り替えに使っています。この切り替え器には、ファイル転送機能がついていますので、
双方のPC間のファイルの転送が出来ます。
CはサブPCの音声切り替え器でスピーカー、ヘッドフォンに切り替えられます。
DサブPCの電源遠隔スイッチです。デスクの下にPCを設置してありますので
このスイッチでパソコンを起動させています。これはメインPCにも付けてあります。
今まではCPU切り替え器でキーボードマウスを切り替えていましたが
機器が古いせいもあってか、不安定で使いづらかったことが改善でき
USB切り替え器を使って外付けHDDをかいし、
2台のPCが比較的簡単に同期出来るようになりました。
これでどちらが壊れても安心です。

インテルのSSD購入
'10-4-23買おうか買うまいか迷っていたインテルのSSDを購入。届いたその夜取り付け
Windows7をインストールしてみました。なるほど早く、起動はWindowsが立ち上がってから
25sec弱、シャットダウンは10sec弱となり、アプリケーションの立ち上がりも早く
(遅かったホームページビルダーが瞬時に立ち上がる)きびきびした動作になりました。
私のパソコンのスペックはさほど良いものではありませんが、
プライマリーハードディスクのエクスペリエンスはHDDで5.9だったものが7.4になりました。
24日にはすべてのアプリを入れ、バックアップと復元機能を試した結果も双方とも4.5min
で終わりました。これは今までの所要時間の半分でした。まだ高くコストパフォーマンスは悪いが
サブPCでやったCPUの交換より圧倒的に体感速度は増しました。
3年のメーカー保証はあるらしいが、耐久性など不明なので、やってよかったのかどうかは今のところ何ともいえません。
'10-5-2もう少しBIOSの立ち上がりとOSの起動時間が短縮出来ないかといろいろ弄り、
BIOS設定でOnboard STA/IDE Deviceの設定をDisabledに変更しほとんど使用していなかったIDE接続のHDDを止めましたら
BIOS立ち上がりは25→20sec になり、OSの立ち上がりもmsconfigで不必要と思われるものを止めましたら22secとなりました。
5-5同じパソコンに入れてあるWindowsXP側にスイッチを入れ換えると、なんとBIOSの立ち上がり時間が5secも短いことに気がつきました。
当然のことながら同じPCですので、BIOS設定は同じです。違うのはXPはHDD接続、Windows7はSSD起動、どうしてだろう?・・・
マザーのSATAポートの接続をを色々変えてみたら何とWindows7のBIOS立ち上がりが5sec縮まり、15secとなりました。
これは接続がMasterとslaveの接続の違いで変わったようです。5secの短縮は大きいです。(大喜び)
SSDに変えてから短くなった起動時間が更に短くならないか、いろいろ弄っていました。
結局いろいろ弄ってWindowsの立ち上がりが17secに縮まりました。
スイッチを入れてBIOS起動まで5sec掛かります。トータル、スイッチを入れてからWindows7が起動し
アプリ起動が出来るるまで40sec弱です。でこれが私のPCでは究極の早さかもしれません。



電源故障
'10-6-14忙しかった今年の皐月の手入れも終わり、久しぶりにサブパソコンを立ち上げようとしたら
スイッチを入れた瞬間だけ通電しすぐ切れてしまいます。そのままもう一度スイッチを入れても
今度はスイッチは全く入りません。1度電源を切りもう1度入れ直しスイッチを入れると、又
一瞬だけスイッチが入り切れてしまいます。BIOS初期化でも直りません。ボタン電池を交換してもダメでした。
無い頭で色々考えこの故障はマザーボードの電源保持回路がやられたのではないか?あるいは電源か?
予備の電源は持ち合わせていなく交換し確認も出来ず、マザー交換のことを考えマザーを価格コムなどで調べてると
現在発売されているものはメモリーがDDR3使用のものばかりで現在使っているDDR2のメモリーは使うことが出来ません。
マザーとメモリーで最低3万は覚悟しなければいけません。どうせマザーを替えるのだからこの際全面的に替え
CPUもPhenom II X6 1055T BOXあたりに交換しちゃおうか等、あれこれ考えていました。
電源かもしれないが昨年5月に購入したものだから保証は切れているだろうが、一応見てみようと思い
屋根裏部屋に仕舞い込んであった箱を探し出したところ、何と3年保証でした。ラッキー!
翌日電源販売代理店のサポートに電話し、不具合内容を伝えたところ、大変対応が良く、
電源を調査しますので着払いで送って下さいとのこと。早速送り2日後、
メールで、そちらの云われている不具合が再現されましたので、同種の代替え品を送りますとのことでした。
翌日送られてきたものを取り付けると、見事復旧されました。マザーを替えようか等の考えはそのとき
どこかにすっ飛んでしまい、「サブPCだからこのスペックでまあ良いか」いつもの貧乏性です。。。
この故障がメーカーパソコンだったら大変でした。保証期間が過ぎていることから
マザーボード交換、電源交換などといわれ最低でも5万は請求されたことでしょう。
自作でよかったです。電源も日本製コンデンサー使用にこだわり比較的良いものを選定しておいたおかげで
3年保証が付いており、結局タダで完全復旧。自作バンザイ!
電源、超力プラグイン SCPCR-600-Pの販売代理店、株式会社サイズさん有り難う!

'10-6-23
「電源テスターユニット」購入
パソコンのことで困ったときいつもお世話になっている方から教えていただき、
今後のため「電源テスターユニット」を購入しました。購入してから知りました。
何とこれも株式会社サイズさん販売のものでした(笑) 



Windowsが立ち上がらない
'10-8-15気になっていたメインパソコンの掃除をやろうと思い、表に出し、カバーや全面パネルを外し、
ブロアーで埃を吹き飛ばし、さあ綺麗になったと、外部配線を繋ぎ、スイッチオン。
何とBIOS画面が終わった後、Windowsマークが立ち上がり、すぐOKだと軽く考えて、
みていたらそこから全然進みません。何と5分掛かって動き出す始末です。
普段はスイッチONから40秒でOKでしたのに。同じPCに入れてあるXPを作動させても同じです。
Windows7はSSD,XPはHDD全く別物で動きが同じです。
これはパーツが逝かれたか、BIOSが何かの拍子に変わってしまったのかと思い
BIOSの初期化等色々弄ってみましたが全く改善されません。
もうパーツが不良になったしか考えられませんのでしょうがない、どこが、逝かれたのか、考えていました。
もうだめだと思い、定位置に置こうとパソコンを持ったら、
全面パネルにCFカードが中途半端に差し込まれていたことが目に入りました。
それを抜いてスイッチON! 何と完全に直ってしまいました。休みの丸1日を費やし格闘した結果でした。
CFカードが完全に刺さっていればこんなに悩まず済んだことでしょう。
中途半端に刺さっていたため完全に機能しないデバイスをWindowsが探しまくって
時間が掛かっていたことが原因だったようです。オソマツ!

10-9-21最近気が付いたのですがサブPCのスイッチONからBIOSが立ち上がるまでの時間が
メインPC6secに対してサブPCが16secあることに気が付き色々弄ってみたが直りません。
やむを得ずいつもお聞きしている方に書き込んでみたら、グラボなどに使われている、コンデンサーなどの
劣化が影響する場合があるとのこと。マザーボードにグラフィック機能が付いていることに気が付き
そちらにモニターポートを移し、グラフィックボードを抜いてみたら、9secに短縮出来ました。
確か組んだときはこんなに時間は掛かっていなかったと思います。グラボが経年劣化したのでしょうか。

サブにもSSD導入
10-9-25以前メインパソコンにSSDを入れ、大分早くなったので、サブパソコンを開くと遅くてイライラしていました。
最近円高のせいかRealSSD C300 64GBが13000円と安くなったのでつい欲しくなりポチット。
サブPCに取り付け、トゥルーイメージで保存しておいたCドライブをを戻してみたら、簡単に設定出来ました。
早速使ってみた結果は、インテルSSDの読み込み速度は250MB/sに対しこちらは355MB/sと早いので
体感速度が早くなるかなと期待していたのですが、残念ながらインテルSSDとほとんど変わりませんでした。
でもメインとの差が無くなり快適に使えそうです。一度この早さを体験すると、
もう起動ドライブはHDD には戻れません。



サブのマザーボード、メモリーを交換
9月25日サブパソコンにSSDを取り付けた際、トゥルーイメージで保存しておいたCドライブを
戻してしまったのでクリーンインストールは行いませんでしたがその後、
SSDとHDD使用時の比較をしてみようと思い立ちHDDにクリーンインストールしてみようと始めると
どういう訳かインストール時間が今までの倍近くかかってしまうことが分かりました。
同じOSロムを使ってメインパソコンで試してみると正常に今までと同じくらいの時間で出来ます。
その原因を突き止めようとDVDドライブを換えたり、SATAポートやコードを換えてみてもダメ
HDDを交換してもダメ、メモリーを交換したり、電源電圧を測定したりしましたがどうしても原因が分かりません。
そのうちメモリーの抜き差しを頻繁にやったせいか2Gメモリーが1枚破損してしまいました。
もうマザーボードが原因しか考えられません。マザーボードを換えるにはメモリーを現在の規格の
DDR3に交換しなければならず、たかだかサブパソコンがクリーンインストールに時間がかかるだけで
マザーボード、メモリーを交換するか迷っていましたが、一度気になるとどうもスッキリしません。
悩んだあげく、交換作業も楽しめると考え、購入してしまいました。ついでにグラボもゲット。そして
'10-10-13ショップから届いたので早速組み替えてスイッチONしたところ、何回やっても英文が羅列され
BIOSが立ち上がりません。英語が全く理解できない私は完全に自信喪失してしまいました。
困り果てて、いつも相談させていただいているBBSに英文の羅列を写真にとって添付したものがこの画像です。



気の早い私は世話になり相談させていただいているにもかかわらず、買ったショップに電話して
BIOSが立ち上がらない旨を伝えたところ調査するのでマザーとメモリーを送るようにとのこと
その晩梱包し、朝1番でコンビニから送ってしまいました。コンビニから返って相談させていただいていた
BBSを開くと、 USB Device Over Current Status Detected!!
USBに過大な電流が流れ、その異常を感知してシステムを自動シャットダウンさせています。
マザー不良の可能性もありますが、組み立てミスや、周辺機器側の問題の場合もあります。
送付は十分チェックしてからの方が良いかと。と書かれていました
やってしまった。又早とちりです。相談しておきながら、先走って初期不良と思い込み、ショップに
送ってしまいました。BBSに送ってしまった旨の謝りの文章を書き反省です。
翌日ショップより電話で調査した結果、異常はありませんので送付しますとのこと。
翌日送られてきたボードをケースに設置せず電源を入れてみると問題なくBIOSが立ち上がりました。
今度はケースに設置して通電してみると、ショック!又写真と同じ英文です。
これはマザーボードの裏側が何かによってショートでも起こしているのでは?
外してよく観察してみると、前のボードでは使っていたケースとボードの間のスペーサーネジが
1本、今度のボードには必要のない位置に付いていることに気が付きました。
取り外し、電源を入れてみると見事BIOSは立ち上がりました。。
原因は必要のないスペーサーがマザーの裏に当たり悪さをしていたのです。
これがもっと重要な位置に当たっていたらショートし、マザーは逝ってしまったことでしょう。
大変運が良かったと思ってホッとしました。

2コアが3コアに
その後以前相談させていただいたとき、今使っているCPU AMD PhenomII X2 550 Black Edition BOXは
旨くいくと、2コアが4コアに化けるかも知れないと聞いていましたので、その操作をしたところ
何と、コンピューターのプロパティにAMD PhenomII X4と表示されました。バンザーイ!4コアに変身です。
ところがそうは甘くありませんでした。パソコン情報が詳しく見れるフリーソフトSIWでCPU情報を見ると
働いているのは4コア中3コアだけでした。でも1コア増えてくれて気分は爽快でした。
試しにやって良かったと思っています。
ここの所色々弄ったサブパソコンの改造で、もう1世代前のメインパソコンのエクスペリエンスの値を少しですが全て上回り
かなり性能が向上しました。私のパソコン使用目的ではこの程度で上等と思っています。



ディユアルブートのXPが表示されない
10-10-18 HDD切り替えスイッチ操作でOSを変えられる仕掛けにしてあるため
以前からやっていたようにWindows7とXPを入れようとして、Windows7は簡単にSSDに
インストールできましたが、HDD側に切り替え、XPをクリーンインストールしグラボのドライバーを
インストールすると、Windowsマークまでは出ますがその先モニターに画像が出ません。
4コア化が悪さをしているのかと思い、2コアに戻してもダメでした。グラボのドライバを、
付属のインストールディスクを用いず、メーカーサポートからダウンロードした最新版使用してもダメでした。
こうなったらお世話になっているいつもの方にヘルプ!
「サービスパック3は入れたにか?」入れていませんでした。これを入れれば問題解決と思い、入れてもダメ。
「モニタの接続は、DVIであればアナログに、アナログであればDVIにと、
他方に換えて接続して試してみてください」とのこと。
こんなこともあるのか?と思いながら実行したら、完全に直って見事XPが使えるようになりました。
私にはよく分かりませんがグラボ出力もDVI-Iの方がプライマリになっているものがあるとのこと、
本当にパソコンは奥が深いです。ボケ老人には分からないことだらけですが挑戦あるのみ!
いつも壁に当たって分からないことはお教えいただき何とかここまでやってこれました。本当に感謝です。
今度は又イタズラ心が出て、無謀にもマザーボードについていたオーバークロック、設定ソフト
Tubov EVOというソフトで、OC AutoTuningをやってみると、どうやらOCが成功したらしく、
BIOS Advanced CPU Configurationを開きますとSpeed 3608MHzとなっていました。
3.1GHzのCPUが3.6GHzにオーバークロックされたようです。初めてのオーバークロック経験です。
この先使い続けるとCPU,メモリー等が逝ってしまうことも想像されますが、どうせ安物です。
年寄りの火遊びですが、危険なことでもないでしょう。どうなるか分かりませんが
楽しいのでこのままオーバークロック状態を続けて使用してみようと思っています。


SSDを比較してみました。
'10-10-30
4月にメインPCにIntel SSD SA2MH080G2R5、9月にサブPCに
crucialRealSSD C300 CTFDDAC064MAG
を組み込んで楽しんでいますが、スペックではサブの読み込速度355MB/sに対してメインのIntelの方は250MB/s
書込速度は75MB/sと70MB/sとほとんど変わりません。体感速度は読み込もほとんど変わりなくスコアも
ほとんど同じだろうと思っていました。今日は台風で何もすることが出来ません。CrystalDiskMarkというソフトを
ダウンロードし比較してみました。


左がサブのRealSSD、右がメインのIntelSSDです。やはりスペックに書かれているように読み込は大分サブの方が早いようです。
OSの立ち上がり時間、シャットダウン時間はは双方ともほとんど変わりませんが、これは他の要素も関係あるので何とも言えません。
でも不思議です。数字をみたらなんかサブの方が早く感じてきました。人間の感覚っていい加減なものです。

ドロップボックス(Dropbox)インストール
前から考えていたホームページのホルダーを、大変便利なオンラインストレージソフトドロップボックス(Dropbox)に入れて
現在自分が使っている全てのOSを同期させ、どのOSからでもアップロード出来ないかと思い、以前やってみましたが、
旨くいかなかったことで、諦めていました。いろいろ考えた末、私のホームページは5つのホルダーから構成されており、
それらを全てまとめて、1つのホルダーにしてあり、これをいきなりドロップボックスにアップしようとしていたことが
原因かと思い、それぞれのホルダーを別々に、ドロップボックスにアップしてみたら、すんなり旨くいきました。
この結果双方のパソコン、どのOSも自動的に同期され、どこからもホームページの更新をアップロードできるようになり、
大変便利になりました。ドロップボックス(Dropbox)は大変便利なソフトです。たくさん撮ったデジカメ写真をみんなに見せたい
場合など「フォトフォルダ」に写真を沢山アップすることで、独自のURLが付与されるので1つのURLを教えるだけで
たくさんの写真を1度に公開できます。その他メールなどで送れない大きいファイルをアップすることで独自のURLが付与され、
URLを知らせるだけで相手は大きいファイルを活用できるといった便利技が使用できます。



モニター購入
'10-10-7 今までサブパソコン用モニターは22インチ(エーサー製安物)を使っていました。解像度は1600×1050です。
メイン用は24インチで解像度はWUXGA、1920×1200のものを使用していました。私のPC環境はPCデスクの柱が邪魔をし並べて
設置できません。やむを得ず、サブPCを使用するときは22インチ側に椅子をずらして、使用しています。何とかならないかと
色々やっていましたが、モニターの設定で「表示画面を複製する」に設定し両方のモニターに同じ画像を出し、
キーボード、マウスはUSB切り替え器で切り替えメインのものをそのまま使えるようにし、椅子をずらさずメインのモニターを使用し
サブパソコンを操作しようと設定しましたが、両方のモニターには同じ画像出て、作業は出来るのですが22インチと24インチの
解像度が違うため、「表示画面を複製する」に設定すると解像度は1600×1050に設定されてしまうためメインに使っている
24インチモニターには鮮明な画像が出ず、チョットぼけた感じになってしまいます。今まで我慢をして使っていましたが
そろそろ変え時、と思い、22インチモニターを、WUXGA、1920×1200のものに変えようと色々調べていましたが、最近の
24インチモニタはフルHDの1920x1080のものばかりです。私はパソコンのモニターは縦がやや長い1920×1200が使いやすい
と思っている頑固者なので、どうしても解像度はWUXGAを買おうと思い価格コムなどで調べたところ、現在WUXGA、1920×1200のものは
ナナオ製ばかりで他のメーカーはほとんど発売されていません。ただ一つiiyama製の25.5インチが発売されていました。
評価をみるとiiyama製は評価の悪い書き込みもあり、ナナオにしようか悩みました、ナナオ製は確かに良いものでしょうが
価格がiiyama 製の3倍もします。例によって又安物買いの悪癖が出ました。
iiyama製を買って、ダメなら諦めよう!と決め、購入してしまいました。今日届き、使ってみたら、当たりでした。
今のところ私の使い勝手では上等なものでした。27500円で買ったにしては良い買い物でした。見た目ではドット欠けはなさそうでしたが、
ドット欠けチェッカーで調べた結果もドット欠けは一つもありません。デザインもシンプルで気に入りました。メイン用として使っていた
BENQ製、24インチをサブ用として使うことにして配線が終わり、順調に気持ちよく使っています。25.5インチ、大きくてジーさん向き。
今は非常に良いディスプレイと思っていますが、このモニターの価格コムでの評価は非常に悪いのでこの先耐久性が気になります。
その時は「安かろう悪かろう」と諦めますが。最近ではWUXGA、1920×1200のものがほとんどありませんのでチョット心配です。



左が24インチ右が25.5インチ

メモリーだけ購入しておきました

10-10-22 価格ドットコムサイトを見ているとメモリーが超安値。2G2枚組でなんと4770円
この次はメインPCの改造を考えているのでDDR3のメモリーは必要となるものです。
CFDのメモリーは過去にも使っており、永久保証であることから自分としては信頼おけるものです。
今が最安値?と思い、つい2セット計8Gを注文してしまいました。(ザンネン!1/15現在3678円)
来年のことを言うと鬼が笑いますが、来年こそはメインパソコンの改造をやりたいと、
現在CPUを何にするか検討中です。変えても処理能力が変わらなければ何もなりませんし、
良いものは消費電力があまりにも高く、マザーボードの他、電源も交換しなければなりません。
ゆっくり考え、楽しみながら選定しようと思っています。


10-12-9 前から考えていたパソコンデスクの改造を行いました。
パソコンデスクの柱は当然4本で支えられています。上の画像にあるように
メインとサブ用のモニターの間には1本の柱がありメインパソコンの前での作業では
柱が邪魔になり、サブのモニターが見づらく、ディアルモニター等にしての作業がしづらく
困っていました。色々考えたあげく、デスクまでの柱を残せば、モニター部分の柱はカットしても
強度的には大丈夫。と判断し、モニタ部分の柱をカットしたのが、この写真です。

柱をカットしたパソコンデスク


2つのモニターが並んでおけるようになり、ディアルモニターでの作業が大変やりやすくなりました。
部屋の照明スイッチがモニターの後になってしまったため、スイッチを新設したり、
パソコンの後のUSBポートを延長コードでデスク下に設置したり(下の写真)
2台のパソコンのごちゃごちゃの配線をやり直したり,又、スイッチ付きタップを右側の柱に
固定し、2台のPC、モニター、外付けHDD、スピーカーの電源等がそれぞれON、OFF出来るようにし、
パソコンを使用しないときは、タップの元電源を切るようにして、使わないときは待機電流0としました。
パソコン、モニターのアースも設置しました。この作業に2日間掛かりましたが
だいたい自分が考えていたようになり、満足しています。

デスクの下に設置したUSBポート


電源購入
10-12-15
メインパソコンの改造に向けて電源を購入しました。


残念ながら購入した750Wはプラグイン仕様の80PLUSですがゴールドではなくシルバーでした。
一次側・二次側と基板上の全ての回路に日本ブランド/日本製造の105℃コンデンサが採用されており、
安心の5年保証です。これで電源の心配は無くなりました。後はマザーボード、CPUの選定ですが
丁度今は、ここ1〜2年の主流であったLGA1156ソケット仕様から来年初めに出る新しいLGA1155用CPUが出る
過度期だということで、迷っています。使い込まれ安定したLGA1156ソケットを選んだ方が無難とは思いますが、
今年で終了し1155が主流になっていくとのことです。しかしスキルが低い私にはまだ手を出すのは早そうです。
と言うわけで、メインパソコンの改造はもう少し待ってから、という結論になりました。なんか他のイタズラを考えます。

スコアが7.0から7.3になりました。自己満足。。。
10-12-25 今年の弄り納めにサブパソコンのCPUを3.1G2コアから3.2G4コアに替えてみました。
正確にはAMD Phenom U×2 550 Black Edition Boxから
AMD Phenom U×4 955 Boxへの交換です。
予想していたとおり体感的には何も変わりませんでした。気持ち重い画像の開きが早くなった気がします。
只、パフォーマンス評価のエクスペリエンススコアがチョットだけ変化しました。
只、4コアが試したくてやってみましたが、自己満足だけで終わりそうです。約1万.3千円の出費は高かった・・・。
良い勉強になりました。でもその内4コアの御利益が何か出るかも・・・と期待して・・・ 

  



クリーンインストール

10-12-28 CPUを載せ替えたのでやろうかやるまいか迷っていたクリーンインストールをやることにしました。
やってみての感想は、やはりCPUの交換が影響したのか、、クリーンインストール時間がだいぶ早くなりました。
早さは4コアのせいでしょうか。やはり交換した御利益がありました。今回のクリーンインストールで
プロセッサのエクスペリエンススコアが7.3→7.4へとなりました。
ところがグラフィックススコアが6.8だったものが6.0になってしまい、ガックリ!
もう1度CDからドライバーをインストールしたがダメで、いろいろ悩み、デバイスマネージャーを開き、
ディスプレイアダプタのグラフィックボードのドライバーを更新してみたら見事元の6.8に戻りました。これでスッキリ!
ソフトを入れ、いろいろ設定が終わるまで約1日かかりましたが、気分はスッキリ。面倒がらず
たまにはクリーンインストールも良いもにです。こちらのPCの方が早くなったのでこちらをメインに・・・
と思いますが。今,メインパソコン、インテルの改造も頭に残っています。マザーボードやCPUも大分下がってきたので
すぐメインの改造をやりたい気持ちもあるのですが、次のCPUが出るとの話、今迷っています。迷うのは楽しいです。


DVDドライブと 実験用スイッチ・LEDセットを購入


結局メインパソコンは新しいCPU SandyBridgeを使った新しいパソコンを組むことに決め、
LGA1155ソケットを積んだマザーボードが安定する、夏近くまで待つことに決めたため、暇で困っています。
11-1-24 超安物DVDドライブと 実験用スイッチ・LEDセットを購入しました。
何とDVDは1980円、実験セットは997円でした。送料込みで3500円。これで遊べたのですから安いオモチャ?でした。
DVDは価格コムの評価ではまあまあ良い方で、購入してチョット使った感じでは結構良いもので24倍速対応でソフトも
nero9とPowerDVDv7が付いており立派なものでした。近くのPCショップで同じようなものを7000円位で売っていたのには驚きました。
購入した目的は以前クリーンインストールに時間が掛かりどこかに異常があると思い交換し、お蔵入りしている
マザーボードの不具合の再確認のためでした。(BIOSアップデートなどの練習と色々弄る遊びも含め)
再確認した結果はやはりやはりBIOSをアップデートしても同じでクリーンインストールに時間が掛かり、
CPUなど交換しても不具合時と同じでした。これで完全に自分としてはマザーボードの不具合と納得できました。
でもクリーンインストールに普段の倍の時間が掛かるだけでその他は全く問題がありません。
その気になれば、今回のDVDや電源、CPU、メモリー、グラボ、ケース等のパーツは揃っていますので
金を掛けずにAMD仕様で、もう1台作ることも可能な状態ですが、3台のPCは自分には不要です。
気が向いたら又最小構成で仮組みし、オーバークロック設定練習等に使おうかと思っています。
今回購入したDVD、実験用スイッチ・LEDセットはこれから役に立つことでしょう。安い楽しい買い物でした。

ファンコントローラ購入

’11-2-13アマゾンに頼んでおいた、ファンコンが来た。実は私が購入したのではなく
息子が「誕生日だから何かプレゼントするよ」といってくれ、何にしようか迷ったが
これを買ってくれといったら、又パソコンかと呆れられたが、余り高い物もわるいし、
色々考えたあげくの物だった。1ヶ月経って要約届いた。早速、保管してあるファンにつけ、通電してみたが
数値も見やすく、中々な物だった。今度作るメインPCは新しいCPU、SandyBridgeを使ったパソコンを
組むことにしているため、これを使うSandyBridgeを使ったマザーボードが安定する頃と思われる半年後が
楽しみだ。今度はPCケースでもゆっくり選定しようか。

ファン購入
’11-2-22
暇なのでメインPCのファンが2ピンでファンコンに回転数が出なく、先日買ったファンコンで制御出来ないことから
ブルーのハデハデファンに変えてみようと3個購入しましたが、いい年して、ハデハデのPCもないと思い、
取り付けを躊躇しています。気が向いたらそのうち改造してみようと思います。


ハデハデに改造しました。
’11-3-20
大地震以来停電があり、盆栽の植え替えなどで時間をつぶしていましたが
今日はやろうかやるまえか迷っていた、メインPCの改造を行いました。
SandyBridgeが流通し安定したら本格的改造をするつもりですが、今回は
暇つぶしに配線をやり直すとともに光るファンとファンコンを付け、
ハデハデパソコンに改造しましたとてもジーさんのPCは思えないものですネ。笑っちゃいます。



メインパソコンが故障しました
’11-4-4
最近何かメインPCの動きがおかしいときがありました。
チョットOSの具合が悪くなったのかと思い。Acionis True Imageで作っておいた
具合が良かったときのアーカイブから復元をしようと思い、Acionis True Imageを
立ち上げ、復元操作を行いましたが、何回やっても復元動作に進めません。
やむを得ずクリーンインストールを行ってみたのですが、これもOSを入れてある
SSDは認識してはいるものの、SSDを指定しインストールを行おうとしても出来ません。
BIOS上ではSSDは認識しています。これは完全にSSDが逝ってしまったのだと思い
この日は諦め、寝ようとしましたが気になりよく眠れませんでした。
翌日、PCのカバーを外し、SSDへのケーブル配線とマザーボードへの接続コネクターを
何度も差し直し、ダメと思いつつ、クリーンインストールを決行しました。
ところが何とSSDを指定しインストールすると、何でもなかったようにインストールされました。
改めてAcionis True Imageで作っておいた復元ポイントに戻し、一件落着。
原因はどうやらコネクターの接触不良だったようです。メデタシメデタシでした。

考えていた改造ついに決行!
’11-4-24〜
昨年12月にサブパソコンの改造を行い。メインに比べサブの方が性能がよいといった逆転現象が起こっていました。
新しいCPU 使用のマザーボードが安定するのを待ってからやろうと、いつやるか迷っていた
メインパソコンの、新CPUSandyBridgeへの改造をやっとやることに決断し、始めました。
電源、メモリー、SSD,HDDなどは前から買い集めていましたので、今回はメインの買い物
CPU、マザーボード、グラフィックボードを選択しました。安物買いの私には結構、奮発でした(笑)



ケース以外全取り替えとなりますので、いっそ新しいパソコンを作ってしまおうとも考えましたが、
3台は必要なく、置く場所もないことから、今回はパーツの全取り替えの改造とすることとしました。
はじめはケースに取り付けず、電源、マザーボード、CPU 、メモリー、グラボの最小組み付けで
通電し、BIOSが立ち上がることを確認し、組み立てに入りました。写真は簡易配線が終わって通電したところです。



組み立てが終わり、OSのインストール、ドライバーのインストール、アプリのインストールが終わりこれで良しと思ったところ
変なダイヤログボックスがやたら出るようになり、意味が分からず当惑していました。



やむを得ず又はじめからクリーンインストールです。2度目のクリーンインストールでも旨くいかず、
3回目に挑戦したら、どうやら前回まではドライバーが正確に入っていなかったようで、
やっと正常になりました。2度目のクリーンインストール後、BIOSを弄ってオーバークロックのまねごとをしたら、
電源が落ちる現象が出て驚き、悪戯のオーバークロックはやらないことにしました。
正常作動となりエクスペリアンス、インデックスを見ると。数値的には大満足の内容でした。
サブPCも、動きは快適でしたが、こちらもの動きもサクサク、これでサブを超しました。



プライマリーハーードディスク(SSD)の値が最高値を示しています。CrystalDiskMarkで速度をとった表です。



何回もクリーンインストールを繰り返しやっと正常作動するようになったため、バックアップをとり
4月30日完全に改造が終わりました。

BIOSアップデート
’11-5-15
これまでのBIOS Ver 1502で最新が1503です。最新バージョンにアップデートしたく、
いつもいろいろ教えていただいている方にお聞きし、ASUS EZ Flash 2を使ってのアップデートに挑戦しましたが
どうしても旨くいきません。ダウンロードし直し、やってみてもダメです。困っていたところ、
私がダウンロードしたものは、ファイルネームがP8P67-ASUS-1503.ROMになっている。
P8P67-DELUXE-ASUS-1503をダウンロードしなければ適合しないとの教えを受けました。
ASUSTeK Download siteからP8P67-DELUXE-ASUS-1503をダウンロード、今度は見事
アップデートに成功し、最新バージョンとなりました。P8P67なら良いと思いこんでいた私の浅はかさが原因でした。
お陰で、今後アップデートが生じても自信を持って出来るようになりました。


簡易水冷CPUクーラーを設置

’11-5-18
メインパソコンの改造が終わり、快適に作動していますが、起動時リテールCPUクーラーが
高速で回り、チョットその音が気になります。面白そうなクーラーがあり、前から気になっていましたので
価格もたいして高くないことからANTEC KUHLER-H2O-620簡易水冷CPUクーラーを購入しました。



取り付けた写真です。


取り付けに時間が掛かり大変でしたが、どうせ暇つぶしの改造です。
リテールクーラーに比べ起動音は小さくなり良かったと思いましたが通常の動作音はチョットうるさくなったようです。
残念ながらラジエーターの風切音が煩く感じます。しかし冷却能力はだいぶ上がったようです。
運転1時間半後のCPU温度を採ってみました。室温は24度です。



安いケース購入。前のメインPCを生き返らす。
’11-5-26
今度のメインPCの改造で取り替えたパーツが1台分あるので、このままお蔵入りはもったいないと思い
安いケース(5千弱、価格コム人気No1)を購入し又1台作ってしまいました。
デスクトップパソコンは2台で十分なのですが、これで3台目です。
単なるイタズラで、作りましたが、以前メインパソコンであったパーツを全て使用したものです。
チョット遅いだけで十分使用に耐えます。(SSDを使用していますので遅いといいながらも結構早いです)
消費電力も低いので、省電力の時代、結構使うことが多くなるかも知れません。
ケースは安物で、チョット鉄板が薄い気もしますが値段から考えると、簡単なファンコンも付いており、
光るファンも3つ付いており、安い割には良い買い物だったような気もします。
サブパソコンや今度改造したメインパソコンにはフロッピーデスクを接続するコネクターが付いていません。
このマザーボードには付いており使うことはまず無いと思いますが、使用が出来ます。
これからは3台のデスクトップで気に入ったものを使い遊びたいと思います。
これが外観写真です。



4ポート HDMI セレクター
’11-5-28
必要もないのにまえ使っていたパーツを使い、又1台組んでしまい、そのPCの専用モニターが
無いので、メインモニターのHDMIポートに接続し、モニターのスイッチでDV1とHDMIを切り替えて
使うこととしていたが、以前HDMI切り替え器を見たことを思い出し、3台のPCをこの切り替え器で
切り替え、メインモニターに出力することとしました。この結果モニターの入力はHDMIにしておき、
モニターのスイッチ切り替えをすることなく、切り替え器で任意のPCが選択できるようになり、
大分使い勝手が良くなりました。




無線キーボード、マウス、マウスパッド
’11-6-20
キーボードが一箇所のキーがおかしくなり気になっていたので、初めて無線のものを購入してみました。
ついでにマウス、マウスパッドも



キーボード、マウスはロジクールUnifying使用のものでレシーバーが共用出来るため
USB切り替えスイッチにレシーバーを挿すことで、2台のPCをスイッチの切り替え操作で
1台のキーボード、マウスにて操作が出来、大変便利になりました。
又、このキーボードには、電卓、メール、インターネット、電源スイッチや音量調整などの
操作を簡単に行えるホットキーがついており、大変使い勝手が良い物です。
キーボード、マウスとも電池寿命は約2年と書かれており、これも満足しています。
マウスパッドも100円ショップで買ったものと違い裏面がデスクに吸い付く感じで動かなく、大変使いやすいものでした。
キーボードが約2000円、マウスが3000円、パッドが300円の安い買い物で、
共に価格コム人気1,2位のものでした。

ブルースクリーン出現
’11-6-21
3台のパソコンを1台ずつバックアップを取り、保存しておこうとやっていましたがサブPCが
取り終わり、Windowsが立ち上がったところで、ブルースクリーンが出てしまいました。



何が何だか分からず大あわて、もちろん英語は読めません。何か知っている単語がないか見てみても
全然分かりません。ハードかソフトか?取りあえず前にとっておいた、バックアップに戻してみてもダメ。
同じPCに入れてあるXPに切り替えたら電気が落ちてしまいます。これはハードの不具合と思い、
まず疑ったのが電源。だいぶ前に購入しておいた電源テスターで調べても出力電圧は各出力とも正常です。
悪戯で自動でオーバークロックして使っていたのでCPUが壊れてしまったか、メモリーは?
混乱してしまい、取りあえず各配線の差し直しをやってみてもダメメモリーの差し位置を変えてもダメ、
後はCPUを変えてみようと思い、手持ちのAMD Phenom U×2 550を
探し出したところでその日は疲れて止めにし、就寝。次の日は仕事で何も出来なかったが、ブルースクリーンの写真だけ撮る。
翌日は休みで撮った写真の分からない英語を眺めていたら、softwareの文字を発見もしかしてソフトかな?
クリーンインストール決行!調子よく進み、アプリを入れているうち又ブルースクリーン
直前に入れたソフトをアンインストールしてもダメ。何が何だか分からなくなりこの日も終わり。
ソフトが怪しい。もう一度クリーンインストール決行!始めにウイルスソフトを入れて一つ一つアプリを入れながら
不具合を見つけようと思い始めたら、avast!アンチウイルスのファイルが壊れているとのダイヤログが出ました。
これだ!avast!をアンインストールし新しいバージョンのavast 6をダウンロードしインストール。
その後アプリを入れながら再起動を十数回かけてもブルースクリーンは出ません。
どうやら一件落着したようです。バンザーイ!4日掛かって自力解決出来ました。

怪奇現象(笑)発生

’11-6-25
上に書いた不具合現象を直すためサブパソコンのスイッチを点けることがたびたびありました。
はじめは気がつきませんでしたが、サブのスイッチを入れると作動させていない3番目のパソコンの
ファンが回り出すことに気づきました。試しにこのパソコンの電源コードをタップより抜き、サブの
スイッチを入れてみたら、何とこの状態でもファンは回転し出すのです。これは不思議な現象と思い
いろいろ考えてみたら、3番目のパソコンの設置位置が少し離れているため、以前使っていた
ワイヤードリモートスイッチを使用し、そのコードがサブパソコンの近くをはわせていることに気付きました。
そこで、そのワイヤードリモコンのコードを外してみたらファンは回転しなくなりました。
パソコンに電流が流れるとそばを通過している関係のないパソコンのコードに微弱電流が流れ
ファンが回ったとしか考えられません。こんなことが起こるとは・・・配線を元に戻していますので
今もファンが回っています。。。

手元スイッチを変えました


’11-6-30
電磁波の影響でファンが回転してしまう現象が、余り気分の良いものではなかったので
シールドがしっかり出来ている、この手元スイッチを購入、交換しました。
結果はファンの回転はなくなりスッキリしました。でもパソコンからはかなりの
電磁波が出ているのですね。人体への影響が多少心配ですが、使っている人間が
先が短いジーさん。気にしないことにしましょう(笑)
スイッチにはUSBポートは2個ついており配線をして使用できるようにしましたが
マイク、オーディオポートはパソコン本体のものが使えなくなるので配線しませんでした。

4入力USB切り替え器



’11-7-1
今まで2台だったデスクトップパソコンを遊びでもう1台組み3台になってしまいましたので
今まで使っていた2入力から4入力のUSB切り替え器を購入し3台のPCのキーボード、マウス操作をを
この切り替え器の操作で1台で使用出来るよう改造しました。

又SSD購入


’11-7-12
Crucial、最大リード415MB/sのSATA 3.0対応高速SSDが発売され、九十九電機で3年保証
1万弱で購入できたので、全くの遊びで購入。取り付け今までのSSDと比較してみました。



スコアは今回購入したものの方がRead、Writeともに明らかな差がありましたが
体感的な早さは、チョット早いかなと思う程度でした。
HDD(SSD)切り替えスイッチをつけて使用していますので
新しいものにはWindows7、以前購入したものにはVistaでも入れ、
遊ぼうかと思っています。それにしてもSSDを起動ドライブとして一度使うと
もう、元のHDDには戻れない早さです。

プリンター購入

’11-7-15
ここの所、キャノンのプリンターが調子悪く参っていました。貰ったA3プリンターがダメになっったのは
諦めましたが、その後やはり同じ方から頂いたA4プリンターもダメになり、以前自分で購入したプリンターが
頼りだったのですが、写真印刷してみたら、シッチャカメッチャカのプリントになり、参りました。3台続けてだめになってしまいました。
やむを得ず価格コムで一番安い人気種でエプソン
、マルチフォトカラリオ EP-703Aをネットで購入しました。
使ってみたら写真印刷が思うように行きません。エプソンのサポセンに電話し色々やってみて、
最終的に、印刷用紙のことになり、手持ちの使っていない純正用紙を使用したら、見事なプリント。
その後色々試したら、以前購入したサードパーティーの用の、用紙が少し丸まっており、その影響が高いということになりました。
その後良いと思われる用紙で、ダメと思っていた、以前購入したキャノンプリンターを使用しプリントしてみたら全然OKでした。
これでちゃんとした用紙を使えばプリンターも2台体制でいけそうです。実はキヤノン製のプリンターのインクを(サードパーティー製)
大量に買い込んでおり、これが使えなくなると諦めかけていましたが、これが使えることになり、一番うれしい誤算でした。
この写真が購入したプリンターです。複合機で1万弱でした。プリンターは安いですね。きっとインクで儲けるのでしょう。
くやしいから、この機種もサードパーティーのインクを使うつもりです。6色で2000円弱です。果たして印刷結果は・・・・


早速、互換インクで試してみました

’11-7-28
プリンターを購入してから、丁度、L版で80枚くらい写真印刷したい物がありプリンターに付いていた純正インクが
3本ほど少なくなってきたため、以前からキャノンプリンターで使用していた、上海問屋から1セット1999円の物を購入しました。



印刷した写真画像をスキャンしてみました。
純正品での写真が上、イエロー、シアン、マゼンタの3本を互換インクに交換した物が下です。



ご覧のようにほとんど変わりません。この画像は赤系統での比較でしたが
本来はいろいろな色調で試すべきでしたがそこまで気が回りませんでした。
インクの劣化具合などどうなるか分かりませんが、取りあえずは結果良好です。

もっと安いインクが・・・

上海問屋に互換インクを注文した日、どういう訳かアマゾンのページを開くと、なんと同じような
互換インクが、セットで送料込み596円で売っていました。面白いので注文して届いた物は
ISO9001/ISO14001取得工場での製造。インクは米国産の写真対応の超高品質インクと書かれていました。
まだ使用していませんので、印刷結果は分かりませんが、これが使えれば純正品の十数パーセントの
代金で購入できます。あまりの安さが心配です。最悪、プリンターが壊れることも覚悟しています。
もし、これが使用可能なら、もう高価なインクに悩ませられることがなくなります。

超静音ファン

’11-7-30
今日近くのPCショップで「超静音ファン」が安売りされました。簡易水冷CPUクーラーをつけてから
ファンの騒音が気に掛かっていましたのでこれに取り替えてみました。音は大変静かになりましたが
その分風量が少なくなった感じでしたので冷却能力が大幅に下がっては大変なので調べた結果は
大丈夫、使えそうでした。真夏にしては比較的満足する値で安心しました。



メモリーが安い

’11-10-16
ここのところメモリーがバカ安です。アマゾンでDDR3 PC3-10600 CL9 4GB×2枚が
3580円でした。現在のメインPCは2G4枚差しの8G、サブは32ビットのOSなので、
2G2枚差しで使っていましたが、64ビットのOSが余っているため、サブに64ビットをクリーンインストールし
上記メモリーを購入し、メインPCの2枚を外し、4G2枚を挿し、計12Gとし、
サブPC に外した2枚を挿し、8Gとしました。12Gと8Gに増設しましたが体感的にはわかりません。
自己満足のイタズラでした。




Windows,oldファイル

サブPCのOSを32ビットから64ビットにクリーンインストールしアプリを入れてコンピュータを開き
Cドライブのプロパティーをみたら、Cドライブの使用領域がなんと47Gもあり驚きました。
これはおかしい!他のPCは35G位なのに、エクスプローラーを開きCドライブをのぞいてみると
何やらWindows,oldファイルなるものが15Gもあることに気がつきました。
どうやらクリーンインストールの際前にインストールしていた32ビットのファイルが残っている様です。
Windows,oldファイルで検索してみると、削除してよいようなことが書かれていました。
ほぼ半日かけインストールした64ビットが削除により動かなくなったら面倒なので、念のため
システムのバックアップをとりWindows,oldファイルを削除してみました。
目出度しめでたし、使用領域が35Gとなり、何のトラブルもなく動いています。



Windows 8のDeveloper Preview版をインストールしてみました。
’11-11-17
只、興味本位からこのサイトからWindows 8のDeveloper Preview版をダウンロードし
ISO ファイル (.iso)をDVDに焼き、クリーンインストールしてみました。
出てくる字は全て英語。訳も分からなく進めていったら、キー操作まで英語キーボード設定で
@がどこにあるか分からず、色々押してやっと発見。途中で要求されるWindowsliveIDをやっと入力し、
何とかインストール完了。取りあえずこんな画像が出ましたがジーさんには全く操作が分かりません。
最後にどうやって終了操作を行うのかも分からずスイッチで切って退散しました。。。
早く日本語のベータ版かRC版でもでれば私にも楽しめるのでしょうが・・・

ホームページがアップロード出来ない。
’11-11-23
11-19ページをアップロードしようとしたら出来ない。NINJAツールのHPは大変クオリティーが高いので
3つお借りしそれぞれリンクし使わせていただいています。
ところが今回、3つともアップロードできません。あわてて土曜日にサポートにメールを出しましたが
あいにく土日で回答がありません。次の日からHPが全く表示されなくなっていました。
これは大事、と思い月曜になるのを待って仕事から帰ってメールを開いたら、
アップロードの際、バシップモードにチェックを入れるよう書かれており、早速実行!
完璧に直りました。一時はどうなるかと心配していました。有難うございました。
皆さんホームページスペースはNINJAツールが親切さクオリティー共、最高です。

USB3フラッシュメモリーを購入
’11-11-23
近くのパソコン専門店 PCデポで安売りがありUSB3のUSBメモリー8Gが997円で売り出されました。
珍しい物好きな私はどのくらい早くなるのだろうと興味を持ち、開店前から並び購入してきました。
使ってみた結果、従来のUSB2のメモリーに比べ約半分の時間でコピー出来ることが分かりました。
これはパソコンのUSB3ポートに差した状態で計った時間です。試しにUSB2ポートに差し、
測定した時間も3に差したときとと同じでした。これってどういうこと?USB3にして転送速度が上がったのではなく
内蔵されているフラッシュメモリーの速度が上がったと言うことでしょうか?
いずれにしてもチョット大きいファイルのUSBメモリーへのコピーは時間が掛かって大変だったものが
半分の時間で済み、しかも値段が8Gで1000円弱。これからはSSD並みに早いものが出てくるのでしょうか。楽しみです。
以前にもUSB2ですが2Gを200円弱、4Gを400円弱で購入しています。
価格は下がり、技術はどんどん進みますネ。大変楽しいことです。



長くなってきました。この続きはPartUのページを作りましたのでご覧下さい。
こちらから

メニューへ