創作

石付き盆栽

私はこの手の石付き盆栽が大変好きです。

一般にさつきの石付きは、根を石に食いつかせ
鉢に植え込んだ物が多いのですが
見れるようになるには十数年は掛かります。

このケト土で付ける方法はさつきでは
一般的ではありませんが他の盆栽では多く見受けられます。
特徴は作ってすぐ見れる。ということでしょうか。

植え替えもしないから長く持ち込めないのでは?
との考えもあるようですが、このページの一番下の
鶴翁の石付きはもう十数年も持ち込み、
植え替えなどせず元気に生育しています。

管理もさして面倒ではなく、水盤に入れ
他のさつきと同じように灌水しております。
どうぞお試しになって下さい。


使用石 揖斐石

主木 鶴翁

  

この石付き盆栽作りのポイント・・・裏側に沢山のケト土を付けること。
                             水盤の水面に近いところまでケト土をつける。.


この石付きは揖斐石を使用しています。
つまらない石などに付けると後で後悔します。
長く持ち込んでも飽きない石を利用したい物です。

画像をクリックすると大きくなります。

ケト土を付けるために網が必要です。100円ショップで購入しました。 網を取り付ける為の針金を接着剤で石に付けます。 接着した針金に網を固定しました。 前から見た写真です。上に出ている針金は樹や草の固定用です。石に付いている豆ツタは以前から付けておいたものです。 用土を作ります。
ケト土、鹿沼土硬質小粒、水苔を用意します。
水苔は余り粉にしないよう粗めにハサミで切ります(水苔は土のつなぎになるため) ケト土、鹿沼土、水苔を良くこね混ぜます。 この石附に付けるため用意した。さつき(鶴翁)、長寿梅、極小バラ、サツキ早乙女、岩カラ草、ツクシカラマツです。 付けたときのそれぞれの樹や草の位置を確認します。 ケト土を入れながら付けようとする位置に穴を開け長寿梅など入れていきます。



ケト土の量で高さを決めで上部にさつきを固定し、周りにケト土を網が見えなくなるまで付けます。 苔等を貼り付け、V字状に切った針金を差し込み固定し出来上がりです。 出来上がってから数ヶ月は水をやる際勢いよく掛けないよう注意します。
出来れば霧吹きがよいかも知れません
周りに付けた苔などが安定したら、ふつうのさつきと同じ管理で大丈夫です。

05年花期の姿

06年花期


07年花期



同じ手法で3石作りました。

大型の揖斐石に
左が主木に彩晃を付けたものですが
樹の高さがちょっと高くバランスが良くありません
どうしても気に入らなかったので06年3月
右のように鶴翁の懸崖風に付け替えました。
この写真は5月に写したものです。



この2石は変わった石ですが石銘が
分かりません。多分外国のものでしょう。
鹿沼に皐月見学に行った際
求めたものです。


まだ石に付けただけですのでアンバランスですが
しっかり根付いてからバランスなど考えて作りこんで行きます。

             主木 深山満月                      主木 白淋
 


上、右側の石付きです。主木に付けた白淋が枯れてしまい
3月主木を鶴翁に交換しました。4/13日深山キンバイが
綺麗に咲いています
1年で石に古色が出てきました。




昨年作ったものです。
小鈴石付き



一番長く持込んでいる石付きです。
長寿梅が綺麗に咲いている早春の姿です。



06年花期

メニューへ戻る