パートX

長くなってきました。PartXに移ります。

又古いパソコン入手


(モニター下のプリンターは今回の頂き物ではありません)

14-2-13  友人が新しいパソコンWindows8.1を買ったので初期設定をしてくれと言われ、設定に行ってきました。

「古いパソコンはいらない」と言うことで、パソコンはNECのVistaでしたが、モニターが三菱23インチワイドを使っており、
これだけは欲しいと思い貰うことにし、家に持って帰りました。メモリーは4G積んでいるものの。CPUが約1.9Gと低くいものでした。

このパソコンは購入後、写真の取り込み、CD,DVDの作成以外使っていなかった代物ですので、中身は結構新しいものと思われます。
イタズラし、生き返らしてして遊ぶにはもってこいの品物でしたので、家に持ってきてから、早速リカバリーし購入時の状態に戻しましたが
Windowsアップデートが出来ていないため、IEが6と古く、動きが悪く使い物になりませんでした。

メーカーパソコンなので必要のないアプリが沢山入っています。全てアンインストールし、Windowsアップデートを始めました。
Vistaは現在SP2までインストールしなければならず、アップデート終了まで、1日以上掛かりましたが、全て終わってみたら
IEは9になり、順調に動くようになりました。メールソフトはVistaについているものを使えるようにし、インターネット、メールは
完璧となり、余計なアプリは全て抜いたのでそこそこの早さになりました。

知り合いにVistaだが2017年まで使えるので良かったら本体だけだけど、あげると電話したら、残念!先日新しいパソコンを
購入したばかりで、要らない。とのことでした。

私の家の近くには古いものを引き取ってくれる。○○○オフがありますので邪魔になったらすぐ処分できます。
これで又4台になってしまいましたが、デスク上に何とか置くスペースを作り、設置しました。

モニターは、良いものですが、置く場所がないので、デスクの下に保管し、何かの時に使えるようにしようと思っています。
今回は、今、パソコンデスクのスミにおいてある20インチテレビに接続しモニターとしても使えるようにしました。

多少23インチモニターに比べ解像度は落ちますが十分見られます。これで又パソコン4台になってしまいました。
4台は必要ありませんが時々動かして遊んでいます。動かせるようにすることが楽しい遊びで満足しています。


この春、Windows 8.1にとって初めての大規模アップデートがあるそうです。

14-2-25 先日、Windows8や8.1をキーボードやマウスで使っているユーザーの不満を解消するような
大規模なアップデートを加えることが発表されました。
Microsoftの発表によると「タッチパネルを使っていないユーザーの中に不満を感じているユーザーがいることは認識しており
、次のアップデートでこの点に対処することにした」と述べたとのことです。

まだ詳しいことは発表されていないようですがノンタッチユーザーに対して使いやすくするユーザーインターフェイスの改良があるらしいとのこと。
期日は発表されていない模様です。Windows 8からWindows 8.1へのアップグレードがWindowsストア経由で行なわれたのに対して、
この“春のアップデート”はWindows Update経由で提供されるそうです。

私はWindows8.1へのアップデートの際、それまでアプリを入れて使っていたWindows8をそのままアップデートしたら
シッチャカメッチャカになり、もう一度Windows8のくクリーンインストールから始めマッサラな状態でWindows8.1にアップし
何とかなった経験があります。今度の“春のアップデート”はやはり大がかりなアップデートのこと、

同じテツを踏まないよう願いたいものです。でもOSが進化することは大きな楽しみです。
パソコンを新しくする予定の方、この“春のアップデート”が済んでいるものを購入した方が無難かもしれません。

詳しくはここに書いてあります。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/2014..

IEのクッキーが消えない

14-2-27 私は忍者ツールズさんにホームページスペースを有料版1つと無料版2つ、ブログの無料版1つをお借りし、
ホームページ、ブログを作っています。その他ホームページやブログにカウンターを借りて気になるページの閲覧者数がみ見られるよう
設定していますが、ホームページやブログの管理ページのID、パスワードと、カウンター類のID、パスワードをそれぞれ違うものを
登録していました。先日、ホームページのカウンターが100000に近づき、桁数を一桁上げようと忍者管理ページを開いたところ
IDやパスワード一を入れる画像が出なく、いきなりホームページ、ブログの管理ページが出てしまいます。

どうしてもカウンターの管理ページが出ません。これはIEのクッキーにID、パスワードが記憶されており、自動的に管理ページが
出てしまうのだと思い、IEのインターネットオプションから、クッキーを削除してみましたが削除されていない模様で
又しても同じ管理ページに飛んでしまいます。どうしても解せないにで、ブラウザFirefoxを立ち上げ、忍者ツールズ管理画面の
URLを入れてみたところ管理画面が出てID,パスワードを入れるページが出現しました。

このページにカウンターの管理ID、パスワードを入れてみたらカウンター管理画面が出ました。これで当初やろうとした
カウンターの桁数は変更でき、目的は達成できましたが、Firefoxで又管理画面を開いてみると、クッキーに記憶されている
カウンターの管理画面が出てきてしまいます。Firefoxでは個別のクッキーが削除出来る設定があり、忍者ツールズのクッキーを
削除してみたら、完全に削除され、管理画面のID、パスワードを入れる画面が出ました。

何でIEはクッキーが削除出来ないのだろうと思い、「IEのクッキーが削除出来ない」で検索してみたところ
やはり同じ目にあった人がおり、出来ない場合はフリーソフトCCleanerを使うと良いと書かれていました。
私のパソコンにもCCleanerがインストールされていますので、早速使ってみたら、IEのクッキーは見事削除されました。

どうしてIEのインターネットオプションからのクッキーの削除が出来なかったかは不明ですが
思わぬところでフリーソフトCCleanerが活躍してくれました。




アクセスカウンターが一桁あがった!

14-3-18  10年前ホームページを開設した際、アクセスカウンターを付けましたがそれ以来ホームページも作り直したり
カウンターも換えたりして、今のカウント数はホームページが落ち着いた7〜8年前からの数字ですが、ホームページ入り口に
設置してあるため、表紙ページから入ってきてくれた方のカウントでした。

メニューページやその他のページのURLから入ってこられるかたのカウントはされない設定になっていました。
「画像遊び」のページは、ここのところ20人程度の閲覧者の数ですが一時は日に200を超えたこともありました。

現在は「バックアップと復元」の二つのページが比較的人気でそれぞれ日に100名近くのの閲覧者があります。
この方々は検索から入ってこられた方で、私が管理しているこのホームページは全く意識されていない方々です。

これらホームページの表紙から入ってこられない方も現実にはこのサイトに足を踏み入れてくれた方々です。
この方々のアクセス数を、表紙ページのカウンターに反映しようと、ホームページの各ページにメインカウンターの
HTMLを埋め込んでみたところ、今までより一桁多いアクセス数になりました。

このホームページのどのページでも閲覧された方は1回だけカウントされる様になり、
現在の閲覧者は日に200名を超しています。賑やかなことは楽しいことです。

今までのカウント方法で、開設以来100000を超えるのにほぼ10年掛かりましたが、今回からのカウント方式だと
今度200000を超す時期は、後1年チョットの計算になります。

どうでも良いことですが、オオキイコトハイイコトダ!昔のコマーシャルにありました。(笑)

2重カウントは防止設定にしてあるため、その日に1度このサイトを閲覧された方は他のページに移っても
カウントはされない様な設定にしています。けっして過大表示ではありません(笑)




メールソフトMozilla Thunderbird(サンダーバード)導入

14-4-4 私は今までWindowsライブメールを使い、5個のアカウントを入れ使用目的により分けて使っていました。
一つは個人用として友人関係だけに教えて使っているアドレス。
2個目はメールマガジンが送られてくるメルマガ専用アドレス。
3個目はショップ関係のメルマガ等が送られてくるアドレス。
4個目はホームページに入っているメールフォームや掲示板記入の知らせが入るアドレス。
5個目は○○のカード使用明細や使用したショップ関係からメールが送られてくるアドレスです。

最近になりショップ関係に使っているアドレスに[迷惑メール]が日に70〜80も送りつけられるようになりました。
多分ショップ関係の何処かからアドレスを[迷惑メール業者]に流されたのでしょう。

面倒でもメッセージルールに登録し、自動的に削除したり、差出人ドメインを[受信者拒否リスト]に登録
して対策していましたが、敵もさるもの、次から次に差出人や件名、ドメインを変え送りつけてきます。

このアドレスは重要な物ではないのでアカウントを削除してしまおうと想いましたがたまには有用なメールも
入るので、何とかならないか考えていました。

違うメーラーを入れてこのアカウントのみここで受け、ライブメールからはこのアカウントは削除してしまうことにし、
何か良いメールソフトがない物かと検索した結果、「Mozilla Thunderbird」というソフトが見つかり
インストールしてみました。

使ってみると[迷惑メール]に、迷惑メールマークを入れると自動的に迷惑メールフォルダーに分類されて
使っていくうちどんどん学習し、類似の迷惑メールもどんどん分類が進み使って1週間位でほぼ完全に
分類されるようになりなした。まだ使って日が浅いので今後どうなるかははっきりしませんが今のところ
スバラシイです。

はじめはMozilla Thunderbirdが慣れないため分からないところも多かったのですが、その都度検索し、
ほぼ全容が分かるようになりました。他のアカウントも入れて試していますが、慣れると結構良いメーラーです。
ただ一つ不満はCドライブからの移動が出来そうもないことです。(今色々検索し、調査中)

今ではMozilla Thunderbirdを立ち上げ迷惑メールフォルダーから、ワンタッチで全てが削除出来るようになり、
迷惑メールがいくら来ても全然問題が無く、大変楽になりました。

もし迷惑メールでお困りの方がおられましたら「Mozilla Thunderbird」大変賢いソフトです。お試し下さい。




Windows 8.1 Update と Windows RT 8.1 Update の新機能

14-4-11 以前よりアナウンスされていた「Windows8.1春のアップデート」が出来るようになりインストールしてみました。
発表当時、マウス使用のユーザーはかなり使いやすくなるとのふれこみでしたが、こちらが期待していたほどではないようです。

内容は、まだ良く把握していませんが、取りあえずスタート画面に【電源】と【検索】ボタンが出来ましたが、
私はWindows8.1起動時デスクトップ画面が出る設定にしているので、この画像のスタート画面には入りません。

又、デスクトップ画面にスタートボタンが付くソフトを入れて、使っているため、今回のアップデートでの改善は
余り関係のないかもしれません。

その他にも変わったところがこのページに書かれていますので、熟読して今回のアップデートで良くなったところを
探していこうと思います。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/whats-new



Microsoftが発表 「IEが危ない」

14-5-3 Microsoftは「インターネット・エクスプローラー (Ver.6〜11)」で見つかったセキュリティ上の欠陥に
より、ハッカーが侵入する可能性があるとして、ユーザーらに使用しないよう警告していました。

私は普段「Firefox」をメインブラウザとしていたため問題はないと思いますが、やはりハッカーは一番使用者が多いIEをねらってきたようです。
IEの虚弱性をついたハッカーの侵略は今回だけではなかったと思われますが、今回のMicrosoftの対応は素早い物でした。
相当な規模での攻撃だったのでしょう。サポートを終了したはずのXPにも適用するとのことです。このまま続けてサポートをすれば良いのですがね。

5-2に欠陥を修正すプログラムが配布されました。「Windows Update」で配布されていますので、まだインストールされていない方は
アップデートすることををお勧めします。

ブルーレイドライブ購入

14-7-7 1枚25GBもあるブルーレイなど必要ないと思い、私にPCは3台共、相変わらずDVDドライヴを付けていました。
ここのところカワセミ撮りにはまってしまい、毎日500ショット位撮っていますので、バックアップのHDDが段々満杯に近づいて
何とかしなくてはと思っていました。その又バックアップは一応DVDに焼いていましたが、ここのところのカワセミ撮りは
1日2枚焼かねばならないほどです。面倒でやっていられません。もしバックアップHDDが壊れたら大した写真では
ありませんが、無くなってしまうのも忍びなく思い、やむを得ずブルーレイドライブを購入しました。
USB2.0用ポータブルBlu-rayドライブ ですのでどのPCでも仕えますので便利ですが作りがチャチでチョット心配です。
書き込みソフトや、再生用ソフトがついているもので、6000円弱で購入し、早速写真を焼いたり、試しに映画を再生してみたら
何とか出来ました。再生ソフトがついていないものだと約1000円安かったのですが、再生ソフト付きを選びました。




こんな便利技知っていましたか?

「パソコンでコピペするときの便利な方法」

14-8-21 パソコンを使っている場合は、コピーしたい文字列の最初から最後までをズルズルっとドラッグして、
範囲選択
をしているのではないかと思います。
実はこの範囲選択、便利な方法があることを初めて知りました。そんなこと当たり前と思う方もおられると思いますが、
私はその方法を知って感動しました。

1.まず文字の始めを「クリック」
2.そして文字の最後のところで「Shift+クリック」

これで狙った通りの範囲を、落ち着いて簡単に範囲選択ができます。
特にドラッグ操作の難しいタッチパッドでは便利ではないかと思います。

さらに、
・1単語を選択したいときは、ダブルクリック
・1段落を選択したいときは、トリプルクリック


この操作で簡単に範囲選択できます。
上記の操作で画像の場合でも同じ様に選択できます。初めての方お試しになって下さい。

古いパソコンを省電力パソコンに改造

’14-9-7 一番はじめに自作したパソコンは、08年でした。このパソコンはチョット遅いだけで順調に使えるため3台目のPCとして
置いてありますが、組み込んであるパーツは古く、メインパソコンに比べ、何の取り得もないことからたまに開く程度でした。

ここのところ発売されているCPUは安いものでもクロック数が高く、消費電力が低いのです。
この安いCPUに変えるには、マザーボード、メモリーも変えなければならずどうするか悩んでいましたが
何かハード弄りがしたくてウズウズしていましたので、ついに改造することにし以下のパーツを購入しました。

マザーボード ASUS  H97 PLUS
CPU INTEL CORE I3-4150
メモリー DDR3 PC3-10600 CL9 4G×2
以上の購入価は約28500円でした。

組み上げるのは順調でしたが、通電してみたところ順調にPOST画面が出たのでこれで一安心しましたが、
次はクリーンインストールと思い、まずはBIOS設定を見てみようと、POST画面でDELETEを連打してもBIOSが立ち上がりません。

どうやらBIOS設定がPOST画面でUSB機器を認識していないらしいと思い、屋根裏部屋にしまってある、PS2接続のキーボードマウスを
接続しやってみたら、何とかBIOSが立ち上がりましたが、メインやサブのASUSUマザーボードのBIOS画面と大きく違い

POST画面でUSB機器を認識できる設定が中々分からず苦労しましたが何とか分かり、USBキーボード、マウスで
BIOSが立ち上がりることが出来、クリーンインストールを始めることが出来ました。

しばらくクリーンインストールをやっていなかったのではじめにシステムで予約済み領域を削除しなかったためこの領域が二つ出来てしまい
どうしても一つ消すことが出来ません。こうなったらもう一度クリーンインストールからやるしかありません。

今度はクリーンインストール時、はじめに削除し、順調に出来。150個以上ある、WindowsUpdateを終わらせ、
色々ソフトを入れたところで最後の調整をしようとしたら、何とタスクバーにあるアイコンの「通知と選択」画面が動きません。
困って検索してみてもヒットしません。途方に暮れ、又クリーンインストールのやり直し、三回目で何とかクリーンインストールが
成功しました。暇人には苦になりません(笑)

今回の改造は省電力パソコンへの改造です。早速ワットメーターで計ったところ、改造前はアイドリング時117Wあったものが
改造後は40Wと大幅に低くなり大成功です。動きも速くいわゆるサクサクですが、重いソフトの「ホームページビルダー」
の動作がはじめはチョットかったるく、コアI7のメインに負けると思いましたがビルダーの設定をいじってみたらよくなりました。
今のところ他のソフトの動作はこちらに軍配が上がる程です。

今後はこのパソコンを中心に使おうかと思うくらいに仕上がりましたが只一点、どういう訳かiiyamaのモニターと相性が合わないのか
デュアルモニターの設定が旨く出来ません。予備に持っている三菱の23インチモニターではデュアルモニターが設定できるので
パソコンの問題ではなさそうです。

デュアルモニターを使用したいときはメインパソコンを使うこととします。ちなみに起動時間を計ったら同じOSなのに、
スイッチを入れてからOSが立ち上がり、完全に使用できる様になる時間は、改造パソコンが27sec、メインパソコンは53secでした。

私は動画編集やゲームなどCPUに負荷がかかることはほとんどやりません。
圧倒的に起動時間も早いこと、動きも機敏なことから、これからは、この省電力パソコンがメインになりそうです。

Windowsエクスペリエンス インデックスの比較を表にしてみました。OSは双方ともWindows7です。

(改造パソコンはグラボ無し、メインパソコンはグラボ付き)
(コア I3はクロック数3.5G、 コア I7はクロック数3.4G )

改造パソコン(UPU コアI3) メインパソコン(CPU  コアI7)
プロセッサ 7.3 7.6
メモリー(RAM) 7.5 7.6
グラフィックス 5.9 7.4
ゲーム用グラフィックス 6.6 7.4
プライマリーハードディスク
(SSD使用)
7.6
7.8

不思議ですがスコアが悪い改造パソコンの方が、起動などが速く、動作も速く感じられます。なぜそうなるか良く分かりませんが
改造パソコンの方が安いマザーボードで、余分な機能が付いていないことや、チップセットなどが新型のせいでしょうか。





組み上げた写真です


消費電力



又貰っちゃいました

’14-9-17 友人から新しいノートパソコンを購入したので初期設定をしてと頼まれ行ってきました。
その方は2月にデスクトップパソコンを購入し、Windows8.1でしたので、Classic Shell というソフトを使いWindows7風に
スタートボタンをつけ、初めからデスクトップ画面が開く設定にして来ましたので、今度のノートパソコンも
同じ設定にして欲しいとのことで、2回目ですのでスムースに設定を終わらせる事ができました。
帰りに使わなくなったノートパソコンと又新しいプリンターを購入するので今使っているのもくれるというので
喜んで貰ってきました。







プリンターは今使っているものEP-703Aより新しいEP-805AWで、頂き、持って帰りすぐ試し印刷をしてみたら
綺麗な写真印刷が出来、給紙も前面から出来使い勝手が良く、気に入りました。ただし純正インクは相変わらず高く
6色で5000円以上します。EP-703Aでは6色で300円チョットのインクで私には十分満足な発色をしています。
安物使いの私には純正など使う気がしないことから、アマゾンで互換インクを検索したら、6色で500円台から色々あり
カスタマーレビューを読んでみると5〜600円台のものは良くない評価があり、835円の京阪soft 互換インクが
レビューが良いので購入し、取りあえず残量が少なくなっている3色を交換し使ってみたら綺麗に発色し満足しています。
その後すべての色を交換しましたが良い発色をしています。当分このインクで行こうと思っています。

ノートパソコンは以前にDVDDが故障し、見て欲しいとのことで、修理を試みましたが直せず、USB 接続のポータブルDVDDを購入し
使って貰っていた経緯があり、内蔵DVDDが故障していたもので十分承知の頂き物です。
このパソコンはVistaです。リカバリーしてみましたが、Windowsアップデートがどうしても旨くいかず、Windows7をインストールすることにし、
USB接続のDVDDにWindows7のロムを入れ再起動をしてもブーとしてくれません。BIOSを見てみたら何とUSB DVDDが
BIOS上で認識していません。これではインストールできないはずです。BIOSを色々弄ってみましたがどうしても認識しません。

困り果て、ノートパソコンに詳しい方に相談したら、内蔵DVDDを取り替えてくれ、OSのインストール、ビデオカードドライバーの
インストールなどすべてやってくれました。私はノートパソコンのOSの入れ替えやネット上からのドライバーのダウンロード、
インストールなどやったことが無く大助かりでした。多分自分だけではお手上げだったことでしょう。感謝です。
その後沢山あるWindowsアップデートや、必要最小限のソフトのインストールなど行い。完全に使えるようになりました。
デスクトップパソコンは自作したものが3台絶好調に作動します。この上ノートパソコンです。
4台もどうするの?といわれますがハードやソフトを弄るのが好きで増えてしまいました。楽しみながら使い分けします。

次期OSはWindows10

’14-10-7 どうやら次期WindowsのOSは8から9を飛ばしWindows10となることが9月30日に発表されたようです。
著名なアナリストで、「Windows 95」からアナリストのキャリアをスタートしたベテラン、Rob Enderle氏はCIOのコラムで、
「過去20年間で、初めて本物のWindowsバージョンが登場した」と褒め上げ、
Business Insiderも「Windowsへの将来についての印象を大きく改善してくれた」と高い評価を下した。と書かれています。
Windows 8で削除されて不評を買った「スタートメニュー」も復活するそうです。
このほか、デスクトップ/マウスとキーボード、タッチとのインターフェイスの切り替える新機能「Continuum」や
仮想デスクトップ「Task View」を導入し、Windows 7で導入された画面分割表示「Snap」も強化される。 と書かれています。
Windows 10は発表になったとはいえ、不明な点もたくさんあり、リリース日はいつなのか、価格体系はどうなるのか等
まだ発表されていませんが、今度は使いやすいOSになることを期待しています。
Windows 10 Technical Preview for Enterprise がすでにダウンロードできるようです。
日本語バージョンがあればダウンロードしてみようかと思いましたがまだ無いようです。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/20141006_669965.html




省電力パソコンのiiyamaモニターへの出力が直った

’14-10-16 9月に省電力型に改造したパソコンのHDMIポートからの画像出力が旨くいかず、その他の2台のパソコンが出来る
ASUSUモニター、iiyamaモニター2台を使ってのデュアルモニター設定が出来ず、「相性が悪いのだ」と諦めて1ヶ月使っていましたが
どうしても納得が出来ず、又予備の三菱モニターを引っ張り出しHDMI接続で確認したところ前回と同じようにやはり異常なく写ります。

各パソコンでデュアルモニター設定が出来るようHDMI切り替え器を2台使用し双方のボタン操作で出力できるよう配線していますので
取りあえずこの切り替え器を介さず、直接HDMI出力を直接モニターに差し込み電源を入れたところ問題なく綺麗に写りました。

これはiiyamaモニターとの相性ではなく、HDMI切り替え器の接点がおかしいか、コネクターが悪いと思い、
HDMI切り替え器を分解し接点部分とコネクター部分を入念にエアーブローして組み立て配線してみましたら
見事写るようになりました。これで3台ともモニター出力が2系統で出来る様になりました。

デュアルモニターなど滅多に使いませんが、出来るはずが出来なかった、胸のつかえが取れ、これでスッキリ満足です。




キングストンSSDを購入

2014-10-22 キングストンSSDが120GBで6580円と安く評判も悪くなかったので購入し、最近作った省電力パソコンに付けていた
Crucial64GBと交換しました。体感的な早さは分かりませんが、エクスペリアンスインデクスが7.6から最高値の7.9にアップしました。
起動ドライブが64GBから120GBになったことで気分的に安定さが増した気がし、自己満足しています。



Crucial64GBをノートパソコンに付けてみました。

取り外したCrucial 64GB SSDを先日頂いたノートパソコンに付けてみました。このSSDをCドライブ40GB,と残りをDドライブに切り
仮想メモリーをDに移動し、休止状態を無効にして起動ドライブを出来るだけ小さくしたら20GB弱となったのでこれをインストールし
不必要なアプリは一切入れず、メール、一太郎、オープンオフィス、便利なフリーソフト少々とドロップボックスだけををインストールし、
インターネット、メール、ぼけ防止に毎日付けている日記に特化して使うことにしました。

普段、比較的高性能なデスクトップパソコンを使っているので、今まで動作が遅いノートパソコンは使う気がせず
お飾りで置いていた程度でしたがハードディスクからSSDに変えたことにより動作が飛躍的に早くなり、十分使えるようになりました。

これからの寒い冬は、こたつに入ってインターネットネット、毎日の日記がストレスなく書けるようになります。

ハードディスク交換用リムーバブルケース、
3.5インチベイ用USB3.0コネクタパネル を取り付け
ました

2014-11-2 最近改造した省電力パソコンは省電力や使い勝手がよいことからほとんどメインパソコンとして使っています。
今までのメインパソコンと比較してUSB3ポートが前面にないこと、他のパソコンとの兼用でハードディスクが使い回しが出来る、
リムーバブルケースがないことがチョット物足りないこところでした。

何かやることがないかな?が暇人の口癖。
アマゾンで検索したら双方とも安いものでしたので購入、取り付けてみました。



取り付けたパソコンです



今度購入したリムーバブルケースの上に付けてあるものも、ハードディスク(HDD)を直接付け替えが出来るものですが交換するたびに直接
HDD電源やSATAポートに接点が差し込まれるタイプなのでHDDのコネクターが悪くなることがあるので
余り抜き差しをしない方がよいと説明書に書かれています。

又HDDの電源スイッチが付いていないので
HDDを使わないときには外しておかなければならないことから、チョット面倒なので他の2台のデスクトップには付けていません。

今度、取り付けたリムーバブルケースは他の2台のPCにも同型のものが付いていますので。カートリッジの交換で
各PC間の使い回しが可能です。

又このケースにはスイッチが付いていますので必要ないときは切っておけばHDDがケース内にあっても作動しないので大変便利です。

小さいファイルなどはリンクケーブルでPCからPCにコピーが簡単ですが。一寸大きい画像ファイルなどの移動はHDDからHDDへの
コピーが早く便利ですのでリムーバブルケースのHDDカートリッジの移動での受け渡しています。

3台のPCでのデーターの受け渡しをやっていると書きましたが、私は3台を色々使い回し、難しいパソコン使用などしていませんので
実際には特別必要ではないのですが、「ここをこう改造するとこうなる。」と思うとすぐやりたくなります。病気ですね(笑)

USB3ポートは1日数百枚の小鳥の写真を撮ることがあります。SDカードからPCにコピーする際、USB3用カードリーダーで
コピーすると、USB2に比べ大分早く移動できます。USB3メモリーを使ってのデーターの移動なども大分USB2に比べ早いです。

一度早いものを使うと中々遅いものに戻れません。起動ドライブをHDDからSSDに変えたのもそのためです。
「チョット早くなる」ただそれだけでパソコンハード、ソフトを弄りまくって遊んでいます。

SDカーカード用UB3カードリーダー

14-11-11 上の改造でUSB3ポートをフロントパネルに付けました。メインパソコンにはUSB3用のカー取りダーが設置してあり
快適に使っていますが今度増設した省電力パソコンにはUSB3用のカードリーダーは設置していなく
常設はUSB2にものです。現在はほとんど省電力パソコンをメイン状態で使用しているため
毎日のように撮っている画像はこちらに保存することが多いことから、USB3カードリーダーをこちらに差し込み直し、使っていましたが
こちらにも専用のUSB3用カードリーダーが欲しくなり、アマゾンで検索したところ、送料込みで、980円のUSB差し込み型のものがありました。
購入し使ってみたらさすがUSB3です快適に保存できる様になりました。



メインパソコンのコンピューターやマイドキュメント、
マイピクチャー等のダイヤログボックスが
一切開かなくなってしまいました。


14-12-8 メインパソコンのコンピューターなどのダイヤログボックスが一切開かなくなってしまいました。
簡単に考えOSのどこかに異常をきたしたのだろう。1ヶ月1度くらいのペースでAcronisTrueimage
で取ってあるシステムのバックアップアーカイブに戻せば直るだろう。と軽く考えシステムの復元をしてみても直りません。

常時5つ位のバックアップポイントを外付けHDDに残してありますので別のアーカイブで復元をしてもどうしても直りません。
これはOSのシステム上の問題ではなさそう。どれかハードがやられてしまったのか?
私は起動ドライブにはSSDを使用していますのでまずそこを疑い、SSDを外しHDDに配線し、そこにAcronisTrueimage

で取ってあるシステムのバックアップを戻して作動させたところ案の定、正常に動くようになり、悪さをしているものは
SSDであることが分かりました。買ってまだ2年のSSDがもうご臨終かと思い、新しいものを価格コムで調べながら
ちょっとやってみたいことが頭に浮かびました。外したSSDを別のパソコンに取り付け。完全フォーマットを行って見ました。

ダメだと思いながらもメインパソコンに戻して、バックアップアーカイブからSSDにインストールしてみたら
見事直ってしまいました。一度SSDを使うとHDDには戻れない早さです。取りあえずいつまで持つか分かりませんが
SSDが復活し助かりました。

開かなかったコンピューターのダイヤロググボックス




Windows 10 Technical Preview ISO をダウンロード 、インストールしてみました。

15-2-14 Windowsの次期OSWindows 10 Technical Preview 日本語版がダウンロード出来るようになりましたので
こちらから日本語版ISO ファイルをダウンロードし、DVDに焼きインストールしてみました。
インストールの前にページに書かれているWindows Insider Programへの登録が必要のようです。
ようは、マイクロソフトへのアカウント、パスワードの登録で、以前より登録されている方は必要ありませんが
インストールした後、はじめにパスワードを求められました。

インストールは今使っているパソコンからOSが入っているHDDを取り外し、別のHDDを取り付け、そこにインストールしました。
インストールの方法は作ったDVDを入れてそこから起動する方法で、クリーンインストールと全く同じですが、元ののOSが入っている
HDDを付けたまま行うと、上書きインストールされてしまうことになる可能性が高いので、こうなってしまうと元のOSには
戻ることが出来ません。くれぐれも注意して下さい。

ISOファイルを焼いたDVDを入れ、DVDから立ち上げるとWindowsマークが出た後
この画面が出ます。次へ
この画面からインストールが始まります。
インストールが済み。スタート画面を出した画像です。 スタート画面がWindows8などと同じようなタイル画面にも変更できます。
しかしこの画面にも、前の画面にも、Windows7などで慣れ親しんだマイコンピューターやドキュメントなどがありません。

弄っていて分かったことですがスタートボタンを押すとエクスプローラーが出ますのでダイヤログボックスの右側にある
PCを右クリックしス「タートにピン留め」をクリックするとスタートメニューの中にPCの表示が現れるようになりました。
Windows7などと違い今度はメールがインストールされているようです(Windows8もされていました?)

まだ色々弄っていませんが私のようにWindows7をメインに使っているものにとっては、Windows8より良いが
まだざっと弄った範囲では、Windows7より使い良くなった部分が発見できません。何か、Windows7とWindows8を併せて作った
OSという感じでした。

こちらに説明が書かれたページがあります。http://ascii.jp/elem/000/000/940/940086/ http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150122_684843.html
このほかにも色々かかれたぺー時がありますので、良く読んで研究したいと思います。

何じゃこりゃ〜
とんだインチキUSB3用HDD,SSDケース


15-4-4 SSD120Gが安く発売されたので今、現在4台使っているSSDの予備に買っておこうと購入しました。
取りあえず使わないのもつまらないのでUSB3用の外付けケースを買ってUSB3とSSDのコラボでどの位、早く使えるか計測してみました。

            

SSDをケースに入れUSB3ポートに接続し、スピードを計測してみましたら、公称の書き込み、読み込み速度450MB/Sの約1割
程度のスピードしか出ていません。いくらUSB接続でもUSB3です。理論上USB3はデータの転送速度が最大5Gbpsとなり
正常ならこのような低い値が出るとは考えていませんでした。
SSDをハードディスクに変え、計測してみたら多少は違うものの余り変わりません。比較したスピードです。

SSD                                                 HDD
                 
   

パソコンのUSB3ポートの具合が悪いのかと思い、違うポートや違うパソコン2台ののUSB3ポートに差し計測してみても余り変わりません。
試しにUSB2ポートに差し込み計測した結果も余り変わりません。今度はUSB3仕様のUSB3メモリーをUSB3ポートに差し
計測してみた所、何とこれも余り変わりません。なんだこりゃ〜

USB2ポートに差して計測                              USB3メモリー
     

購入したSSDのスピードが出ないのか、USB3仕様のSSD,HDD用ケースが悪いのかを知るため今度は購入したSSDを直接パソコンの
SATAポートに差し込み計測してみたらほとんど公称通りのスピードが出ており、SSDは合格です。計測結果です。

   

色々やってみた結果、結局USB3仕様のSSD,HDDケースが実際はUSB3仕様になっていないと思わざるを得ません。
1850円とUSB2仕様のケース購入と余り変わらない価格ですが一応USB3仕様として購入したもので
腹が立ちますが、金額が余り変わらないことから、今回はUSB2用ケースを購入したと諦めることにします。

SSDを使った外付けとしては、全く意味をなさないためこのケースはHDDを入れて使おうかと思います。
とんだインチキものをつかみました。購入したアマゾンのページのカスタマーレビューにはドイツメーカーと
書かれていましたがよくよく現物を見るとmadein Chinaと記されていました。メーカーはドイツでも
作ったのは中国だということです。現物を見て購入せず、通販購入ですからしょうがないですね。

何と良くなりました!

15-4-5 昨日このケースはUSB3として機能しない。と書きましたが、「パソコンの不具合の原因はほとんどが接続部の接触不良」
ということを思い出し、SSDをケースから外し、何度もコネクター部を抜き差ししたり、USB3用コードも抜き差しして、
パソコンのUSB3ポートに入念に差し込みもう一度計測してみた所、何と下のようなデーターが計測されました。

5年前から使っているUSB2 320GB外付けHDDと今回のケースにHDDを入れて計測した上の段の計測結果に比べに比べ、
下の段は此のケースにSSDを接続したものです。3桁の数値を計測し、かなり早くなっていることが分かります。


5年ほど前購入したUSB2外付け320GBハードディスク         このケースにハードディスクを入れUSB3接続で計測したもの

    

今回のケースにSSDを入れフロント側USB3ポートに接続                    バックパネル側USB3ポートに接続

   


下段の結果は、フロント側、バックパネル側ポート共、ケースに付属されていた短いコードを使用して接続した結果です。
その他もう2台のパソコンもUSB3ポートに同じように接続し、計測してみましたが、同等の計測結果が出ました。

試しに長い延長ケーブルを間に入れて計測してみましたが、少し減速するようです。長いコードを利用することは避けた方がよいようです。

昨日の計測結果ではUSB2との差が出なく、USB3用ケースとしては使い物にならないと書きましたが
コネクター類の差し替えなどで明らかにSSD使用時の優位性が出ました。

今回の測定結果は、SSDを直接SATAに差し込んだ計測結果の約半分のスピードに減速した結果となりましたが、
これがUSB3接続時の実力と思い使ってみます。何はともあれ一応の決着が付きました。

このケースがUSB3としての機能を有しているということが分かり気分がスッキリしました。

USB接続のキーボードからBIOSに入れないことがありましたが
原因が分かり、直りました。


’15-4-7 14年9月に一番古かったパソコンを省電力に改造し、その後このパソコンをほぼメインパソコンとして使っていますが
改造当時から一つ問題があり、どうしても解決策が分からず半ば諦めて使っていたことがあります。

それは、組んだその日にBIOS設定をしようとして、使っているASUSマザーボードはPost画面が出た際、Delete ボタンの連打で
BIOS画面に入れるはずですから、その操作をしてもどうしてもBIOS画面に入れず、困ってしまい、保管してあるPS/2接続のキーボードを
接続し、Delete連打でBIOS画面に入り必要なBIOS設定をして、パソコンが正常作動するよう調整し使えるようにしました。



その際レガシーUSBサポートが無効になっていたため自動に変更し、これでBIOSにUSBキーボードからも入れるようになりましたが、
使っているうち、またしてもUSBキーボードから入れなくなり、やむを得ず、何かの設定を変えるためBIOSに入る際はPS/2接続のキーボードを
取り付け入っていました。このパソコンは省電力で、立ち上がりも早く気に入っていますが、改造してから半年も経ちましたがこの問題が
解決できないことが、どうしても気になっていました。

何とか解決できないか何度も検索しましたが、これといった解決策がヒット出来なかったのですが、暇にあかし、
いろいろな角度から検索してみたら「USBキーボードをUSB3ポートに接続しているとBIOSに入れない場合がある」との記述を発見!

もしや、と確認したら何とUSB3ポートに差し込んであることが分かりました。早速USB2ポートへ差し直し、Post画面でDelete連打
見事、確実にBIOS画面に入ることが出来る様になりました。新しい規格のUSB3の方が全てに性能が上と思っていましたが思わぬ所に
落とし穴がありました。私が使っているマザーボード個体の問題だけではなさそうです。
この問題で他にも悩んでいる方がいるかも知れません。そうだとすれば、説明書などに注意書きでもあって欲しいものです。


沢山撮ってしまった画像の整理

’15-7-7 最近カワセミ撮りを始めてから連写で撮るようになり1000ショット近くも撮ってしまうことがあります。
これらを全てパソコンに取り込み保存しておきましたが、たちまちハードディスクが一杯になってしまいます。
そこで取っておきたい画像だけ保存しておけば良いのですが、1000ショットも撮ってしまった場合
その中から保存しておきたい画像だけ選定する作業は大変な労力を要します。
何とか良い方法はないかと試行錯誤した結果自分なりの方法を考えつきました。この方法が最善とは思いませんが
今のところ、全て取った画像を大きい画像で細かい所まで見て選定する事が出来、大分、選び出す効率が良くなりました。
参考までに画像説明を作ってみました。

 1、この日撮った画像は824枚、容量にして3.2GBもあります。
この中から保存しておきたい画像を選び出し、保存します。
2,まずデスクトップを右クリックし新規作成→ホルダーをクリックすると
ホルダーが出来ますので名前を画像一時保存としました。
3、選び出したい1で開いたサムネイルを出し、初めの画像を右クリック、
プログラムから開く→既定のプログラム選択をクリック。
4、Windowsフォトビューアーを選択します。OK.。
5、一番初めの画像をダブルクリックすると大きい画像が表示されます。
チョット縮小し、先ほど作ったホルダーが見えるようにします。下の矢印をクリックしながら保存しておきたい画像を選定します。
6、保存しておきたい画像が出てきたらその画像を右クリックし、コピーをクリックします。
7、先ほど作った画像一時保存ホルダーを右クリックし、
貼り付けをクリックすると画像一時ホルダーにコピーされます。
8、又、下の矢印をクリックしながら、保存しておきたい画像を選び出し、
6、7の操作をして画像一時保存ホルダーにコピーします。
9,全ての画像を見て選び出した画像です。
保存しておきたい画像は76枚。807MBとなりました。

この操作の後、整理する1、のサムネイルを出し、全ての画像を選択(編集→全て選択)し、右クリック→削除で全て削除した後、
画像一時保存ホルダーをクリックし選び出した画像を全選択し、コピーした後、先ほど全て削除したホルダーを開き、貼り付けます。
824枚3.2GBあったホルダーのいらない画像が削除され、保存しておきたい76枚807MBとなりました。
作業が終わったら、画像一時保存ホルダーの中は全て削除しておきます。


PartYへ




メニューに戻る

















画像のページ 1