PartU

長くなってしまいましたので2012年度からPartUとして
こちらのページに続きます。

USB3ポート付き、カードリーダー設置

’12-1-5 最近USB3を使った高速転送のUSBメモリー等が出てきました。
まだ高いので購入できませんがこんなものが売られています。
早さはSSD並みです。

上海問屋オリジナル USB3.0 USBメモリ 128GB


これから来るであろうUSB3j時代に備え、パソコンの後ろには付いていますが
フロントパネルにもポートが欲しくなり、USB3ポート付き、カードリーダーを購入しました。

フロントベイ用 3.5インチベイ USB3.0 4ポートハブ&カードリーダー 上海問屋 DNSB-SHCR-USB3.0hub/Creader(PCIe)


片方をPCI-Exに差し込み小さい方をマザーのUSBの差し込めば認識され
付属のCDからドライバーをインストールすればOKのはずです。
その通り配線をすませ、パソコンを起動させてCDからドライバーを
インストールしようとするとデバイスが認識されていないというメッセージが出て
何回PCI-Exを抜き差ししてトライしてもダメでした。ショップにメールを出すと初期不良の可能性があるとのこと
すぐ着払いで送ってみました。運悪く正月になってしまい、当分帰ってこないと諦めていましたが
新品に交換し、1月3日に送ってくれ、4日に到着しました。大変対応がよいショップです
早速工事に取りかかり、今度は大丈夫、と思いきや、又認識されません。
おかしいと思いサブパソコンに取り付けて見たら見事認識!
どうやらメインのPCI-Exが何回も取り付け取り外しをやったせいで、逝かれてしまったか、
はじめから悪かったのかのどちらかです。購入したショップからは返品されたものの動作確認の結果は書かれておず、
交換して、新品を送ってくれたためどちらが悪かったかはもう分かりません。
マザーボードはまだ保証期間内ですので、修理返品は効くかも知れませんが
全てを分解しマザーボードを取り外し送ってみたら、異常はありませんでしたと言われた時のことを
考えると、とてもその気になりません。サブに設置できたから良し、とし、メインは後ろのポートから
延長コードで前に出して、今回の改造は一件落着としました。

前回購入したUSB3高速USBメモリーの
ベンチマークを取ってみました。

’12-1-29

この画像表示には、最大読み込み:66MB/s、最大書き込み41MB/sとなっています。
このUSBメモリーをUSB3ポートに挿した値と、USB2メモリーとの比較を行ってみました。



やはり、体感的に感じた通り、読み込みではUSB3は約倍の早さが計測されました。
書き込みでは何と5倍程度の差が出ました。

ベンチマークは取るたびに値が変わりますので、参考値ですがやはりかなりの差となっていました。
非常に安いものでしたので、チラシに書かれていた最大読み込み:66MB/s、最大書き込み41MB/s
等の値は出ませんでしたがチラシの値は「最大値」ということで納得です。

BIOSアップデート
12-2-2
価格コムのパソコンカテゴリー、マザーボードの欄で、今使っているASUS P8P67 DELUXE REV 3.0のページのクチコミ、書き込みの中で
BIOS2103に更新したら、今まで発生していた「起動時の再起動は皆無になった」との書き込みがありました。

私はこのマザーを使用していますが、オーバークロック(OC)設定をしない時は正常ですが、イタズラ心から、
マザーボードのTPUスイッチONで自動OC(私には本格的OCは出来ません)をやってみると、
必ず起動時に再起動され、起動が遅れるため、OCとはこういうものだと思いOC設定は諦めていました。

ところがこの記事を見て、ひょっとしたら!と思い、BIOSを2103に更新してみました。(ASUSの場合は、ASUS EZ Flash2を使うと簡単に出来る)
その結果、今まで諦めていた「起動時の再起動」が無くなり、スッキリ自動OCが出来る様になりました。

私には、自動OCしか出来ませんが、今まで起動時、再起動してしまうため、やらなかった、OC遊びが出来るようになり、
今までのモヤモヤが完全に吹っ飛び、スッキリしました。(別にOCしたからといって私の場合、大した御利益はありませんが・・・)

一時はこの現象が気になりマザーボードを買い換えてみようかなとも思ったこともあります。
購入して8ヶ月経ってから出た、BIOSのアップデートで解決するとは思いもしませんでした。
パソコンって奥が深いですね。。。

結構聞けます。USBスピーカー
12-2-4
私は、スカイプで使うヘッドセットはUSB接続のものを使用していますが結構、音がクリアで満足しています。
PCスピーカもUSB接続のものがないか検索しましたら、2.1chでUSB接続の安いものが見つかりました。
メインパソコンはサウンドボードを付け一応まともなスピーカーが付いてありますので、サブパソコン用に購入してみました。
標準価格7854円のものが何と送料無料で2480円、(訳あり価格と書いてありましたが、送ってきたものは箱も傷んでいなく全くの新品でした)


説明文には

と書かれています。使用してみた実感は、低音はやや寂しいが、音はクリアでサブパソコン用としては満足できるものでした。
只、価格コム書き込みに書かれていたとおり、音量の調整が非常にやりにくい欠点があります。
そこで、「パソコン音量調整ソフト」で検索してみると、WheelVolという大変使いやすいソフトが見つかりました。
このソフトは設定キーを押しながらホイール回転させるだけで音量の調整が出来、
使い勝手が良く、大変満足しています。

何かやること無いかな!
12-2-9

まだ1日置きに会社に行っています。明日は休みだが、パソコンでやること無いかな?と考えていました。
やることがありましたメインパソコンで小さいことですが色々問題があります。これを解決しよう!

リセトスイッチが効かない、時々SATAケーブルが外れてしまい、バックアップ用HDDを認識しなくなるときがある。
USB3 3.5インチベイ用のマザーボードコネクターのピン数本が曲がってしまい、旨くコネクターを差し込めなく認識されない。

リセットスイッチやSATAのコード接続は直せば出来ると思っていましたが、購入時自分でやってしまったコネクターのピンの曲がりの矯正は
難しいと考え、このコネクターを使わず他に手はないかと色々やっていましたが、中々良い手がありません。

マザーボードをケースから外して、じっくりやればもしかして全てが解決できるかも知れないと以前から考えていましたが、
マザーを外すには、グラフィックボードやサウンドボード、USBボードなど全て外し、その他水冷式CPUクーラー等外してから配線を外し
裸にしないと出来ないと思い、以前から躊躇していました。

会社から帰ってイッパイ機嫌でバラしてしまいました。もう後は復旧のみ!と思い、まずはUSB3のコネクター、ピンの曲がりの矯正から初め
先端がトンガリではなく平らなピンセットで曲がりを矯正してはコネクターを差し込み、何度か繰り返し、やっと挿入でき、認識を確認ししました。
ここまでが延べ。4時間掛かり、取りあえず寝ることにしました。

翌日、後はSATAコードの交換やリセットスイッチの配線やり直しをしてスイッチON。ところがマザーから全て外したため、
BIOSは初期化されており、日時の設定からやり直しました。
SATAの配線を換えたためHDDのパーティーション番号なども変わってしまい、それらをディスクの管理から直すのに大わらわでした。

何とか記号を換え、やっと正常となりました。全て解決まで8時間くらい掛かったでしょうか。
先日、BIOSのアップデートでOCが出来るようになり、今日は、念願だったUSB3ポートがフロントパネルに設置できました。
不具合が解消できず一時は買い換えようと思っていたマザーボードが完全に直り大満足な1日でした。



上の写真のようにマザーボードにコネクターを差し込めるようにピンを修復し、フロントパネルにUSB3ポートを
設置しました。

キーボード交換
12-2-12

私は価格コム人気No1のロジクールK270、ワイヤレスキーボードを使っていましたが、安物ですが電池持ちは驚くほど良く
満足していました。しかし最近キーが時々引っかかることがあり、困っていました。

先日量販店のキーボード売り場で、使いやすいものがないか弄っていましたが、同じロジクールでK360型がキーの
操作性が良く、全体が小型で使いやすそうなものがありました。これを買ってみようということで早速注文。(これも安物。価格コムで2800円弱)

届いたものをよく見るとキーの形状が今までのK270とは違い、アイソレーションキーボードというらしく、キーがそれぞれ
板に埋め込まれた感じのものでした。タイピングが楽で、キーが引っかかる様子もなく、チョット変わった模様のあるのが気に掛かりますが

今使っているロジクールマウス(Unifying対応)が同一レシーバーで使用でき、 電池寿命も3年と長く、
キータッチ音も前のものに比べ大変静かで満足しています。




Windows 8 Consumer Preview インストールしてみました。

12-3-3 興味本位からWindows 8 Consumer Preview をインストールしてみました。
出てきた画面はこの様なものですが。スタートボタンや戻り、シャットダウンの方法も分からず
分かったことはIEが英語で出て、スムースに切り替わると言うことだけでした。
IEは設定で日本語に出来るとは思いますが、私は英語が全くだめなですので操作が続けられず諦めました。
私は以前クリーンインストールした、Developer Preview版のHDDのにインストールしたから良いのですが、
今回のWindows 8 Consumer Previewはクリーンインストールではなく
OS上からのインストールになってしまいますので、OSが上書きされるようです。
Windows7上からインストールしてしまうと、詳しいことは良く分かりませんが
Windows7が消えてしまうことも考えられます。たとえ残っていたとしても
アンインストールなどが簡単にできず、面倒なことになってしまうかも知れません。
もしやってみる方は十分、気をつけ下さい。
私はもう少し待ってRC版でも出たら再挑戦してみます。

日本語でクリーンインストールできました
12-3-6 その後、もう一度Windows 8 Consumer Previewサイトを見てみたら
ISOイメージがダウンロードできることがわかり、ダウンロードし、ISOイメージを
DVDに焼き、クリーンインストールしてみた結果は、日本語でインストールできましたが
シャットダウンの方法は分かったものの、やはりスタートボタンが分かりません。
これってスタートボタンは無いのかも知れません。だとするとスタート画面(右の画像)から
進む方法になるのでしょうか?わかりませ〜ん。。。
色々弄ってみてどうやらOS上からインストールすると上書きされ、アプリなどは引き継ぐようです。
次回はバックアップとと復元で復元アーカイブを作り、そちらを試してみます。

上書きしてみました
12-3-7 Windows7からWindows 8 Consumer Preview を上書きインストールしてみました。
もちろん何かあっても良いようにバックアップアーカイブを作成してからです。
途中、アプリを引き継ぐか?等聞いてきますので、引き継ぐと言うことでやってみました。
結構時間は掛かりましたが、何とかインストール出来、開いてみる上の右画像が出てきましたので
この中からデスクトップをクリックすると、Windows7で設定しておいた壁紙が出ました。
しかし、スタートボタンは出ません。(私はスタートボタンにこだわりすぎでしょうか?)
前のWindows7で、デスクトップをダブルクリックすると、フリーソフトOrchis
が立ち上がり、設定しておいたアプリが立ち上がるはずでしたのでやってみましたらOrchis
は立ち上がり、設定しておいたアプリも立ち上がりました(と言うことはWindows7でインストールしておいた
アプリは使えると言うことです)しかしOrchisに登録していなかったアプリは
スタートボタンが無いため、全てのプログラムのありかが分からず、開くすべが分かりません。
これから、色々探ってみますが、現状ではWindows8に変えた、ご利益は何もなく、(IEは9から10にアップしていたが)
只、使い勝手が分からないせいか、「使いづらい」だけが感想です。
やってみる方はいつでも元に戻せるようバックアップとと復元
でバックアップアーカイブを作成してから行うことをおすすめします。
復元できれば怖いものはありません。挑戦してみて下さい。
Windows 8 Consumer Previewで検索すれば、インストールサイトに行き着けます。

こんなもの買ってみました


12-3-10 PC弄りではありませんが、PCにデジカメはつきものですので見て下さいネ(笑)
写真はコンデジですが、デジイチでも使用できるとレビューに書かれていましたので購入してみました。
使ってみて一眼でも何とか使用できることが分かり一安心。と言っても1000円足らずのもので遊べれば大満足です。
夜景を撮ったりするときはカメラは固定した方が綺麗に撮れますが、
不精者の私は3脚を持って歩くのが面倒なので夜景撮影でもISO感度を上げ手持ち撮影していますが
やはり撮った画像はノイズが乗り満足な結果になりません。
これですとカメラバックに収まり大したじゃまになりません。ちょっとしたものに固定し、
夜景撮影やピント合わせが難しいマクロ撮影に使えそうです。

使っているSSDに問題が発生するらしい。
12-4-1 使っているSSD Crucial m4 CT064M4SSD2に問題があることが分かりました。
内容は以下に書かれたようなことでした。

■ファームウェアアップデートのお知らせ
使用時間が5184時間(1日8時間使用で約1年8ヶ月)を超えるとSSDが認識されなくなる不具合が確認されております。
本事象は製造元のCrucial社より公開されております対策ファームウェアを適応することにより回避されます。
アップデート方法等詳細につきましては、販売代理店 CFD販売株式会社 リリースページ
Crucial製SSD(m4)及びCFD製SSD(S6NM4Q)のFirmware更新のお願い をご確認いただきますようお願い致します。


早速、CFD販売株式会社 リリースページにアクセスし説明を読んで見ましたが、説明内容がよく分かりません。
取りあえず何とか、ファームウエアーのダウンロードが出来ましたので解凍してみたら全て英語でしたが
失敗したらSSD交換と思い、適当に進めましたら、何とか最新ファームの0309にアップデートできたようです。
果たして寿命が延びたかな?



12-4-2 5その後、"0309"より新しいファームウェアが公開されました。新ファームは"000F"です。
今回のアップデートからWindows7環境でのアップデートに対応しています。と書かれていました。

と言うことでアップデートしてみました。どうやら成功したようですが、果たして御利益は???



複数のサーバーを使わせてもらい、リンクで繋げていた
ホームページをまとめています。

12-5-8 今までホームページを作って約10年、始めた当時は、サーバーの容量が少ないため、
沢山のサーバーをお借りしてリンクし合いホームページを作っていました。
今度お借りしたニンジャホームページスペースは有料でも大変安く、しかも5Gまで使えると言うこと。
全てのファイルを合わせても、1Gまで行きません。コピペでメインファイルに入れて見ましたが、
残念ながら、私のホームページの画像は全て、サムネイルで作っています。サムネイルをクリックすると、
何と、元のURLの画像が表示されます。色々考えてみましたが、どうしてもダメでした。
「作り替えるしか無い」結論でした。この連休(私は特別多く13日)全ての写真のページを作り替え、
メインサーバーにアップしました。連休最終日の5月8日全てが終わり、ほっとしています。
この改造が終わったからと行って、見ていただける方の人数は1日数名ですが自己満足の世界です。
もし見ていただける方がおりましたら、こちらに引っ越しました。何も変わりませんが、ご覧頂ければ幸いです。
http://satsukibonsai.ninja-x.jp/framepage7.html
ほぼ2週間掛かって写真のページはメーンのURLに移し終えましたが、「画像遊び」と「皆さんからの加工画像集」の
ページはまだ移せません。これから暇になりましたら、じっくり作り替え移そうかと思っていますが、
今回の移動作業だけでもものすごい時間が掛かりました。これからは時間があっても果たして根気が続くかが
問題です。果たして出来るでしょうか?やったとしても下に出る小さなコマーシャルが消えるだけです。。。

起動ドライブ縮小化作戦
起動ドライブが窮屈になったため仮想メモリーの移動を行いました。
12-5-10 私は3台のパソコン全て起動ドライブはSSDを使用していますが、かなり前から使い出したので
値段が高く、大きいものは買えず、80Gと64Gを使用しています。最近ではかなり安くなり、120Gが1万円程度で買えるようになり、
ここの所起動ドライブの使用領域が、40数Gとなった現在、64Gではチョット心許ないので、120Gの購入を考えていました。

縮小する前の起動ドライブC(SSD)


何とかCドライブの減少が出来れば、今の64Gでいけるので、仮想メモリー領域の移動を考え、検索してみました。
良いサイトが見つかりました。このサイトです。
http://speedup-xp.com/05-04.htm

http://speedup-xp.com/win7org/31.html

ここに書かれているようにDドライブ(HDD)設定してみた結果、何とCドライブの使用領域が10G以上減り、
30Gとなりました。これなら起動ドライブは64Gで十分です。
現在64Gを3台所有していますので、壊れるまで起動ドライブとして使えそうです。

「休止状態を無効」にして起動ドライブがこんなに小さくなっちゃいました。
12-5-10 上記した状態でシステムのバックアップを取っておき、今度は「休止状態を無効」にするため、
Hiberfil.sys 隠しシステム ファイルを削除して、又起動ドライブを大幅に小さくすることに挑戦しました。
このファイルが存在しない場合は、コンピューターを休止状態にできませんが私はPCを休止状態にすることは
全くないため挑戦してみました。このHiberfil.sysは隠しファイルを表示する設定にしてCドライブを開けば簡単に見つかりますが、
簡単に削除できません。これも検索を駆使し、大変簡単に削除できるサイトを見つけました。このサイトです。
http://support.microsoft.com/kb/920730/ja

このサイトの上記画像と同じ、Fix it をクリックし、進んでいきますと簡単にできます。
Hiberfil.sysを削除したら、何と起動ドライブが20Gになっちゃいました。これなら安い30GのSSDでもいけちゃいそうですね。
HDDをお使いの方でもCドライブが小さくてお困りの方もお勧めです。

この変更は休止状態を使う方はやれません。しかし「スリープ」というモードが用意されています。これはスタンバイと休止状態を組み合わせたモードですが、
ハイバネーションファイルをOFFにしても普通に作動します。システムの動作も速くなった。とあるページに書かれていました。
上記URLのページから休止状態を無効にするや有効にすることが出来ることは確認していますがこの作業を行うには、
必ずシステムのバックアップを取っておき、やってみて下さい。システムに不具合が発生しない保証はありませんので!
システムのバックアップと復元が出来れば怖いものはありません。
現状では起動ドライブの容量がスリムになったせいかより快適になった気分です。
私はこの状態でメイン、サブとも設定し使ってみます。何か不具合がありましたら又続きに書きます。

HDD 2TBを設置
12-5-14 今までHDDは500GBを使用し、D100G、E200G、F160Gとして使っていましたが、
今度の起動ドライブ(SSD)の縮小が成功し、Cドライブのの使用領域が減ったためHDDの使用領域が目立つようになりました。
SSDを購入しようか迷っていたものが、買わずに済んだことから、HDDも最近安くなってきたこともあり、購入することにしました。
2TBは余りにも多いと思いましたが、1GBあたりの価格が一番安い2TBを購入し取り付けました。
各パーティションとも下のように超余裕となりました。全てのパーティションに余裕が出来、気持ちにも余裕が生まれました(笑)


ついでにPC裏に付いているUSB3を延長コードを購入し手元に持ってきました。


メイン、サブPCともフロントパネルにはUSB3ポートを設置してありますが、延長コードPCデスクにポートを取り付けました。
両PCともPCをデスクの下に置いてあるため、USB3ポートに差し込みづらいので延長コードを購入し、ポートを手元に持ってこようと
電気量販店や、PUショップなどで購入しようと見に行きましたが、どちらもUSB3の延長コードはまだ販売していませんでした。
ネットで上で写真のコードを探し左のものをメインに右をサブPCの後ろのポートに挿入し、
PCデスクの使いやすいところにUSB3ポートを取り付けました。
使いやすくなりましたがここまでやる必要が・・・暇ですから・・・

今度はWindows 8 Release Previewをインストールしてみました。
12-6-17 前回のWindows 8 Consumer Previewをインストールし使ってみた結果は内容がほとんど分かりませんでしたが
今回のWindows 8 Release Previewはかなり完成に近づいて来たのか、大分使えるようになりました。
ダウンロードは http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/iso こちらからisoイメージをダウンロードし、
イメージをDVDに焼き、クリーンインストールしてみました。一度インストールするとWindows7には戻れませんので
私は別のHDDにインストールしてみましたがそれが出来ない条件の方はWindows7はの「バックアップと復元」を取り、ためしたほうが良いと思います。
使ってみた感想は、今までとはかなり変わり、はじめにようこそ画面から「スタート」という画面(上の画面)が出て、
そこに登録したアプリのショートカットが出る仕組みになっています。スタート画面からデスクトップ画面に入れりますが(下の画面)
Windows7のようにスタートボタンが無く、スタートアップとかアップデートをどう開くかが分かりません。電卓などのアプリも入っているようですが
開き方がよく分かりません。シャットダウンも中々分かりづらく往生しました。
もう少し弄って楽しんでみようと思っています。追記です。検索してみたらスタートメニューの出し方が書かれていましたこちらです。
http://fnya.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/windows-8-met-2.html
スタートアップはこちらに書かれていました
http://miso.hamazo.tv/e3212838.html
探して書いてくれた人有難う!これで何とか使えそうです。
再確認したら現在上のURLは、入れなくなったようです。ここにあります。
<ユーザー→名前→AppData→Roaming→Microsoft→Windows→スタートメニュー→プログラム→スタートアップです。
今まで「msconfig」出だしていたスタートアップはタスクマネージャーの中に入ったようです。これだけは使いやすくなりました。

早さはチョット良くなった気がしますが、タブレットを意識して作られたOSらしく、今のところ「使いづらい」が本音です。

スタート画面


デスクトップ画面



2台のパソコン間で手軽にデータを転送&マウス・キーボードを共有出来る
’12-7-2 以前にも似たようなものを購入しましたが、こちらは簡単にデーターのコピーペストが
出来ると言うことで、説明書きには
「複数のパソコン同士でデータの移動を行いたい場合に、別途外付けハードディスクやUSBメモリを用意せずに、
直接USB接続で2台のパソコン間でファイルのやり取りを行うことができるデータリンクケーブルです。」
と書かれていましたので購入してみました。。

■2つの機能■

●【機能1】 MK(マウス・キーボード)シェアリング機能

このリンクケーブルは2台のパソコンのUSBポートに挿すだけで
一つのマウス・キーボードで2台のパソコン操作することができます。
マウスが画面の端を横切って移動するとき、マウスカーソルが画面の境界を越えていき
もう一方のパソコンの画面に移動することができるようになっています。
キーボードは、マウスカーソルが置かれている側のパソコンに入力されますので
1台のマウス、キーボードで2台のパソコンの操作ができるようになり大変便利です。

●【機能2】 ファイルコピー機能

一方のパソコンにあるファイルをコピー(Ctrl+C)し、もう一方のパソコンにカーソルを移動させてペースト(Ctrl+V)することができます。
また「ドラッグ&ドロップ」で一方のパソコンにあるファイルをドラッグして、もう一方のパソコンにカーソルを移動させてドロップすることでファイルのコピーをすることもできます。
また、クリップボードも共有できるので、テキストデータや画像なども一方のパソコンからもう一方のパソコンにコピー&ペーストすることが可能です。

以上が説明書きに書かれていました。使ってみたらなるほど便利です。

サブパソコンが故障しました。
’12-7-17 3台のパソコンを弄りまくって楽しんでいます。ここをこうしたらどうなるか?といつも考えて実行しています。
今回は弄りすぎで何が原因だたか分かりませんが、サブパソコンを点けたら、いきなり
Boot Block Compatibule Version  Ver 000 Pleasedo  NOT chiecking・・・・
という文字が出て全然進みません。BIOSをみてみようとDeleteを連打してもBIOSが立ち上がりません。
初期化すれば直るだろうと軽く考え、ボタン電池を抜いて少し待って点け直し、立ち上げても、BIOSは立ち上がりません。
同じことを何回やってもダメです。こんな経験は初めてのこと。出てきた文字を見ると、Version  Ver 000という文字。
Ver 000ということはBIOSが壊れちゃったのかも知れない。修理に出すような新しいマザーボードでないことから
新しいものを購入し交換してみようと思い価格コムで調べた結果、8000円弱で結構良いものが買えると分かり即ポチット。
頼んで2日後に届き、即交換。一発でBIOSが立ち上がりました。それからクリーンインストール、Windowsのアップデート、アプリのインストール等
楽しみながらやって、約1日。ほぼ完成しました。チョット焦りましたが終わってみれば楽しい改造でした。

クリックすると大きくなります。
壊れたマザーボード 新しく購入 中身 交換簡易配線 配線を固定。完了。


モニター購入

’12-8-2 今までサブモニターに使っていたBenQのモニターがDVI入力を認識しなくなり、HDMI入力を使っていました。
この際、古くなったので、メイン用として新しいものを購入し、現在のIIYAMA製25.5インチをサブとして使うことにし、色々選定していました。

条件は、解像度がWUXGA1920×1200で入力にHDMIがついていること。LEDバックライト。パネル種類は出来れば視野角の広いIPS方式。
スピーカーはついていなくても良い。金額は40000円以下。で探していました。

今の主流は解像度がフルHD1920×1080で色々な種類が発売されていますが、私はパソコンのモニターとして使うには
立て幅が少し大きいWUXGA1920×1200が絶対良いと思いこんでいる石頭人間なのでこだわって探していましたが、
この条件に合うのはほとんど無く、ナナオには色々種類はあるものの値段が折り合わず、金銭的にマッチするAcer、サムスンは
HDMIがついていません。最後に残ったのが、DELLとHPとASUSだけです。DELLは以前、購入のパソコンからイメージが悪いことから、対象から除き、

2つに絞り購入を考えました。価格コム、その他の評価とも双方ともかなり良く、どちらかにしようと毎日、ネット価格とニラメッコ。
最安値でHPが35000円、ASUSが29500円位です。
双方とも、在庫有りのショップが少なく中々買うチャンスに巡り会いませんでしたが、3日前「楽天市場」でASUSが29500円5倍ポイントで在庫有りになっており
即、ポチット。購入手続きを終え元のページに戻ってみたら「売り切れ」になっていました。どうやら私でこのセールは終わりだったようです。

ついていました。その後この製品、ASUSPA248Q [24.1インチ ブラック]で検索してみましたらかなり評判が良く、品薄状態が続いているようです。
解像度、WUXGA1920×1200のファンはまだそれなりに多いようです。何故メーカーは作らないのでしょうか。今、購入できたのはラッキーでした。
購入手続きをした、次の日にはもう手元に届きました。早速ドットチェッカーで確認したところドット抜けはなく、
色も良く、ボタン類も操作しやすく、USB3 4ポートハブ付きで気に入りました。この様な製品です。


梱包箱 機能説明 縦置き 横置き 私のデスクトップ
スタンドは安定感あり ボタン類は右サイドに配置 ベゼルに5mm間隔の定規付 入力端子 USB3.0ポートが4つ

主な仕様です。メーカーは「プロフェッショナル仕様」と言っています。

パネルサイズ : 24.1型ワイド
パネル種類 : IPS (ノングレア)
最大解像度 : 1920x1200 (WUXGA)
画素ピッチ : 0.270mm
最大輝度 : 300cd/u
コントラスト比 : 80000000:1
コントラスト比(ASCRオフ時) : 1000:1
視野角 : 水平178°、垂直178°
応答速度 : 6ms (Gray to Gray)
最大表示色 : 約1677万色
色域対応 : sRGBカバー率100%
ZBD保証 : 3年間
入出力端子 : - 1x DisplayPort、1x HDMI1.3、1x DVI-D、1x D-Sub 15ピン
 - 1x 3.5mmステレオミニジャック (スピーカーは非搭載)
 - 1x USB3.0アップストリーム、4x USB3.0ダウンストリーム
消費電力 : 使用時75W以下、スタンバイ時1W以下(消費電力が高いのでワットチェッカーで調べたら、
デフォルト設定でWindows7の標準壁紙表示時28Wでした。)
角度調整 : 上20°〜下5°、左右調整対応、ピボット対応、高さ調整対応
VESA規格 : 100mmx100mm対応
サイズ : 557.2(W)x416.3(H)x235(D) (スタンド含む)
質量 : 約6.4kg
付属品 :
 - DisplayPortケーブル
 - DVI-Dケーブル
 - D-Sub 15ピンケーブル
 - USBケーブル
 - 電源ケーブル
 - サポートCD-ROM

ちなみに使わなくなったBenQの24インチモニターを処分しようと、綺麗に掃除をして近くの○○○オフに持って行ったら
3000円で下取りしてくれました。まだ写るし、デザインがチョット変わっていたのが良かったのかな。
不要なものが処分でき、新しく買ったモニターのポイントとこの3000円を差し引くと何と25000円チョットで気に入ったモニターが
手に入ったことになります。大喜びの買い物でした。

買ったASUSモニターが・・・
’12-8-13 買って数日使っているうち突然一瞬暗くなるトラブルが数回有り、モニターの初期不良を疑い、
今までメインiiyama製のモニターをマルチモニターとして接続し「表示画面を複製する」の設定で
同じ画像を表示し様子を見ていたらASUSモニターだけ一瞬暗くなることが分かりました。
これはモニターの初期不良と思い、一応購入先に電話して初期不良交換期間はいつまでかと訪ねたら
1ヶ月との返事だったので、まだ余裕があることからグラボの出力ポートを今までHDMIだったがDVIに
DVI-HDMI変換コネクタ^を付けそちらにグラボの出力ポートを移して使ってみたところ、2週間使った結果では
一度も不具合は発生しません。他、2台のパソコンのHDMI出力からこのモニターに接続しても不具合現象は発生しません。
メインパソコンについているグラボのHDMI出力とASUSモニターのHDMI入力ポートの相性が悪いのかも知れません。
ASUSで不具合が出たグラボのHDMIポートから接続したiiyama製モニターには不具合が出ませんので、製品間の相性問題だったのでしょう。
いずれにしても不具合が解消され助かりました。これでデュアルモニターも構築できました。
初期不良でショップに返却、交換となると、せっかく今回のモニターはドット抜けもなく
気に入っているのに交換で帰ってきたものがドット抜けなどあったらガッカリです。モニターの初期不良でなくて助かりました。

DVDドライブ購入


’12-8-14 大分前から時々サブパソコンに付けている。LD製?のDVDドライブが中々開かない時があり、もうそろそろ寿命と思っていました。
現在はブルーレイドライブの時代ですが、私はパソコンでテレビは見ないし、当然録画もしませんし、動画もほとんど撮りません。
現状のPC使用ではブルーレイドライブを買う必要性を感じません。
近くのPCショップのチラシにDVDドライブが1980円で出ていましたので、これに変えようと購入してきました。LITEON iHAS324-27という製品です。
以前にも形違いでLITEONを購入し、現在No3パソコンに取り付けているものでした。安いので中国製と思われますが、
SATAのコードがついておりnero9というライティングソフトや、PowerDVD 7といったソフトがついていました。動作音もまあ静かです。
一応、読み込み、書き込みのテスト結果は正常でした。これから使ってみてどうなるかは分かりませんが
コストパフォーマンスは最高の製品と思います。

「iPad」

'12-8-23 前からタブレットPCってどういうものか興味があり、息子に新しいものを買ったら!と進め、1ヶ月くらい前に古いものをせしめました。
Windowsしか使ったことがない私は何処をどう弄って良いかサッパリ、取説(と思われる)をダウンロードし読んでもサッパリ分かりません。
パソコンをよく知らない妻の方が、スイスイ弄って遊んでいますが、私はPC=Windowsが頭から離れないためか、どうにもなじめません。
カードリーダーを安物のメイドインチャイナを買ったら時々しか認識されないインチキものでした。
やむなく純正を買ってカードリーダーからの写真取り込みは出来るようになりましたが、PCからは取り込めず、
色々検索して、やっとの思いでiTunesを使って写真を取り込むことが出来る程度にはなりましたが、いつになったら使いこなせるのやらです。

SSDを購入し、バックアップと復元(リカバリー)をやってみる。



’12-9-6 intelの120GBのSSDが安くなり7800円で購入できました。3台のPCは全て起動ドライブをSSDとし、
使っているのでもう必要ないと思っていたが、どうしてもSSDを使ったあるテストがしたく購入してしまいました。
私は、Acronis True Imageというバックアップソフトを使用し起動ドライブのバックアップを定期的に取るようにし、
パソコンの調子がおかしくなると、取っておいたバックアップイメージにリカバリーして修復できるようにしています。
バックアップイメージはHDDに保存していますが、「保存先を高速なSSDにしたら数倍の早さでバックアップ、リカバリーが
出来るのでは?」その内やってみようと前から思っていたテストでしたが、今回の購入でやってみました。

HDDと今回購入したSSDをSATA2接続とSATA3接続にしたときのベンチマークです。



ベンチマークテストでは明らかなスピードの差が出ましたので期待しSSDにバックアップしたときと、
復元(リカバリー)したときの所要時間を計測した結果です。

保存先 バックアップ所要時間 復元(リカバリー)所要時間
HDD 2分38秒 3分43秒
SSD、SATA2接続 2分00秒 3分42秒
SSD、SATA3接続 2分00秒 3分42秒

残念ながら当初の期待を大きく裏切り、HDDに比べ、バックアップ時間では約25%の削減はあったものの、復元では
全く同じ値が計測されました。どうやらバックアップ・復元時間はCPUの性能が大きく関わるようです。
現状でのHDDへの保存でも十分早いことから、今まで通り保存先はHDDとすることとし、購入したSSDは何か別の使用を考えます。

今度買ったSSDに
Windows 8 Release Previewをインストールしてみました。


’12-9-10 イタズラ心から今度買ったSSDにWindows 8 Release Previewをインストールしてみました。
前回はHDDにインストールし、色々やってみましたが今回のSSDは、やはり早いです。しかし早くなったとはいえ、Windows8は使いづらいです。
Windows7までは新しいOSだから・・・と思って何とかなじみましたが今回はどうも・・・です。
でも年は取っても「新しいものに挑戦!」の気持ちだけは失いたくありません。発売されたら、このSSDに入れて使ってみたいと思います。
今日、切り替えスイッチでいつでも新しいOSが入ったSSDにに切り替えられるよう
配線を変えました。使いづらいWindows8は短命のような気がしますが、一応挑戦したいと思います。

デュアルディスプレイ

’12-10-13 二つのモニターをデュアルモニターとして設定し一つの画像を2つのモニターに映しだしてみました。
片方が25.5インチもう片方が24インチのモニターですので、大きさが違いチョット段違いになってしまいました。
双方のディスプレイの色がチョット違いますが、両方とも安物です。これ以上の色の調整は無理でした。



下の画像は一般的なデュアルモニター設定画面です。片方のモニターにホームページ、右のメインモニターにはデスクトップ画像を出しています。



その他「表示画面を複製する」で同じ画像を両方に表示するも出来ます。これらの操作はこの両方のモニターに設置したHDMI切り替え器の操作で
3台のPCをどちらのモニターにも自由に表示出来、全てのPCがデュアルモニターを形成出来るような配線としました。
実際には一つのPCのみ、デュアルモニターが表示できれば十分ですが、例によって「何かやることないかな〜」と思い
PCのDVI出力にDVIーHDMI変換コネクターをつけ、2つの切り替え器に繋げる複雑?な配線を組み、遊んでしまいました。

1年まえに1台設置し使い勝手が良かったのでもう1台設置したHDMI切り替え器です。
この2台の切り替えスイッチ操作で各モニターにに出力します。




パートVに続きます。
Windows8 アップグレード版でクリーンインストールが出来ます。

メニューへ

画像のページ 3