渦巻きで「楕円模様」

JTrim遊びを始めた頃渦巻きを使用した
簡単な模様を作ったことがありました。
当時、大変うれしいことにJTrim作者の
WoodyBellsさんにコメントを頂いたことがあります。

ここの所しばらくスランプが続きアイディアが出ません。
今回はその渦巻き模様を進化?させ
華やかな楕円模様をつくってみました。

この画像はGIFで作り壁紙の上に貼り付けようとしましたが
画像が荒れてしまいます。やむを得ずJPEGで貼り付けましたので
一部壁紙が現れない、見にくいものとなってしまいました。

作った課程です
クリックすると大きくなります


1

2

3

4

5
500×500、色白で新規作成した後、イメージ→座標指定切り抜きでダイヤログの値に設定します。 範囲指定した中をグラデーションで塗りつぶします。 2の画像をミラー回転した後、フィリップし、編集→コピーします。 3の画像を2の画像に戻しツール(矢印の曲がったもの)で戻します。 編集→合成、暗い画素優先、クリップボードからで3の画像を合成します。

6

7

8

9

10
ブラインドをかけます。 90度回転してコピーします。 6の画像に戻し、暗い画素優先で合成します。 渦巻きを使用し、渦の角度最大で3回加工します。 イメージ→リサイズで横800縦600にします。

11

12

13

14

15
表示→背景色を薄緑に設定した後、ダイヤログの値で、フェードアウトを2回掛けました。 イメージ→円形切り抜きを背景色白に設定し、切り抜きます。これを保存しておきます。 別のJTrimを立ち上げ、新規作成、800×600白とした後、円形切り抜きで枠線をつけます。 余白作成で余白20をつけます。 ウエーブを掛けます。

16

17

18

19

20
ブラインドを水平方向と縦方向に掛けます。 ウエーブ2を加工した後もう一度1で掛けます。 カラー→ヒストグラムノーマライズを掛け、色を濃くします。これをコピーします 12の画像を出し、余白20をつけます。 暗い画素優先で18の画像を合成します。

21

22

23

24

25
20の画像をXORカラー変換します。 周りと中を白で塗りつぶします。 ここで又ノーマライズします。 カラー→RGBカラー調整で色をちょっと変えました。 枠が出来上がりました。

26

27

28

29

30
画像を入れるため、範囲指定(ドラッグ)して、イメージ→座標指定切り抜きをクリックします。ダイヤログが出ますのでOKします。 この画像に切り抜かれました。これで大きさが記憶されましたので戻しツールで戻します。 戻した画像です。この画像では範囲指定枠がついていませんが私の手違いです。26の画像のように指定枠がある状態まで戻し、これを最小化しタスクトレイにしまいまうか保存します。 適当な画像を出し、リサイズで大きさを決め、座標指定切り抜きをクリックすると27で記憶した大きさの範囲指定枠が現れますから、切り抜きたい位置にずらし、OKで切り抜きます。 背景色を水色に設定しフェードアウトを掛けます。

31

32



円形切り抜きをし、コピーします。 28の画像を出し、(範囲指定枠がなかったら、座標指定切り抜きをクリックするとでますので中央に移動してください)ここに31の画像を暗い画素優先で合成し、できあがりです。


この画像が今回JTrimを弄っていて出来た画像です。
これをページにしようと作成過程を作りましたが、
もう作った課程を忘れていました。
どうしようもありませんネ。
JTrimで同じものを再現するのは至難の業です。
これがJTrim弄りで最高に楽しいのです。

画像遊びのページに戻る