今度は
新聞写真風を使って     透明枠

「簡単透明枠」の変わり模様です。
今度は新聞写真風を使って
透明枠を作ってみました。
変わり映えしないので枠線を入れたり
ウエーブで鎖模様を作り、遊んでみました。

作成過程

1
2

3

4

5
900×600色黒で新規作成後、加工→新聞写真風の値をダイヤログの値とし、2回掛けますとこの模様になります。 後で加算合成する際、透明枠の色が白っぽくなるのを避けるためカラー→単色カラースケールで色を濃くします。 中の画像が薄くならないよう、イメージ→座標指定切り抜きをクリック残りの枠が均等になるよう数値を入れます。この数値の意味がお分かりでない方は同じ数値を入れて下さい。ダイヤログボックスをOKとし切り抜き画面とした後、編集→元に戻すでこの画像に戻します。これで範囲指定枠の大きさを記憶しました。範囲指定の内側を黒で塗りつぶします。これを編集→コピーします。 画像を900×600にリサイズして出し、編集→合成、加算合成します。 イメージ座標指定切り抜きをクリックすると3で記憶した範囲指定枠が出てきます。ここでイメージ→角丸切り抜きをクリックしダイヤログのように設定しOKで切り抜きます。

6

7

8

9

10
5で切り抜いた画像です黄色の細い枠がつきました。これをコピーし編集→元に戻すで5の画像に戻します。 5の画像に戻した後、6でコピーした画像を上書き合成します。保存しておきます。 新たに900×600色黒で新規作成後、座標指定切り抜きをクリックし、ダイヤログの値に設定します。5でやったようにイメージ→角丸切り抜きをクリック黄色い枠線が出来ますのでそれをコピーします。
8の画像に戻した後、明るい画素優先で黄色の枠を合成します。 ウエーブをかけた後、イメージ→フィリップし、コピーした後、この画像に戻します。

11

12

13

14

フィリップ後コピーしておいた画像を明るい画素優先で合成すると鎖模様となります。これをコピーします。 7の画像をだし、11で作った鎖模様を合成します。 座標指定切り抜きをクリックしダイヤログの値とし、OKで大きさを記憶した後この画像に戻し、角丸切り抜きを利用し、黄色い枠線を作った後、コピーし、又この画像に戻した後、7と同じように上書き合成します。 黄色の線のところをドラッグで範囲指定し立体枠をつけた後、外側にも立体枠をつけ出来上がりです。

説明は長くなりましたが。前回と同じように模様を加算合成したものです。
黄色い枠線をアクセントに付けたためその説明が長くなりました。
分かっておられる方が多いと思いますがこのような方法で
枠線が付けられることをご承知おき下さい。

画像遊びのページに戻る