「面白額」 が出来ました

何か面白いもの出来ないかな〜
波紋を弄って形状を変えることを思い出し
変わった額を作ってみました。
我が家の番犬ゴロちゃんです。

この画像遊びは以前作った
「布目の画像枠」と同様、
自由な形状の枠内に
ぴったり合成する方法を
自分なりに考え、使ったものです。
色々な画像の合成で
お試し下さい。

作った課程です。
サムネイルをクリックすると画像が大きくなります。


1

2

3

4

5
ファイル→新規作成600×450黒としました。 イメージ→余白作成で茶色の枠を付けます。 次に薄茶色の枠を付けます。 交互に濃い茶色を5本つけました。 ここでイメージ→テクスチャーをつけました。

6

7

8

9

10
中を白に塗りつぶします。 外側に50の余白をつけました。
(もっと少なくても良いと思います)
加工→エンボスを掛けました。 チョッとシャープを掛けました。 今後は画像を縦にし(左に90度回転)又、エンボスを掛けました。

11

12

13

14

15
ここで加工→波紋を掛けました。値は色々変えやってみましたがこの辺の値が変化が良いようです。 これが波紋を掛けた画像ですがチョッと色が気に入りません。 カラーグラデーションで透明度を調整し掛け、色を調整しました。 外側と内側を白く塗りつぶします。 画像を入れる中の白い部分をすれすれに範囲指定し(ドラッグする)イメージ→座標指定切抜きをクリックするとダイヤログがでますのでOKをクリックします。これでこの範囲指定の大きさが記憶されました。

16

17

18

19

20
これが15の作業で切り抜かれた画像です。これを編集→コピーしておきます。 16の画像を戻しツールでこの画像に戻しておきます。(範囲指定枠はこのままにしておきます) 新しいJTrimを開き、編集→貼り付けをクリックすると16でコピーした画像が現れます。ここでカラー→2階調化をします。 18の画像を今度はカラー→ネガポジ反転します。 19の画像を加工→ガウスぼかしでぼかし、コピーします。

21

22

23
24
25
中に入れたい画像を新しいJTrimに出し、リサイズなどで大きさを調整し、座標指定切抜きをクリックすると15で記憶した大きさの範囲指定が現れますので、切り抜きたい位置にズラシ、OKとします。 編集→合成、明るい画素優先で20でコピーした画像を合成します。これをコピーします。 17の画像を出し(範囲指定がそのままになっていればOKですが無くなっていたら、15の画像を参考に座標指定切抜きをクリックし、ダイヤログの値を入力して下さい)暗い画素優先で、22でコピーした画像を合成します。 透過色設定のスポイトをクリックした後、回りの白い部分をクリックすると透過画像となります。GIFで保存し出来上がりです。(GIF画像は画像が汚くなる場合がありますので、この行程は透過が必要な方のみ行なってください) 枠のみ何かにお使いの方は画像をクリックし、大きくなったものを何処かに保存しお使い下さい。

画像遊びのページに戻る