今度は

布目の画像枠

今回は布目に挑戦してみました。
果たして布目に見えるでしょうか?
見えたらウレシイです。。。

今度の遊びでは、中にぴったり画像を合成することを
考えつきました。「そんなこと前から分っている」
という方もおられることでしょうが、
初心者の方、合成の練習のつもりで・・・




作った課程です。

画像をクリックすると大きくなります


模様を作るため超新星を使ってみました。
色模様はは適当にやって出来たものです。
無駄な行程があるかも知れません。
もし再現なさる方がおられましたら
色々試してみて下さい


1

2

3

4

5
新規作成500×500です。 中に3個超新星で模様を付けました。 背景色を茶色にしフェードアウトを掛けました。 今度は背景色を白にし、又フェードアウトを掛けました。 上半分を切り取ります。

6

7

8

9

10
切り取った画像です。 6の画像をフィリップした画像です。これをコピーします。 編集→連結した画像です。これをコピーしておきます。 90度回転します。 編集→合成、暗い画素優先で合成した画像です。この画像を保存しておきます。

11

12

13

14

15
新しいJTrimを立ち上げ、新規作成300×300白とした後余白作成で茶色の枠を付けました。 編集→全選択した後、イメージ→座標指定切抜きをクリックするとこのダイヤログがでますのだOKします。これで大きさが記憶されました。これをコピーしておきます。 10の画像を出し座標指定切抜きをクリックすると12で記憶した大きさの範囲指定枠が現れますので真ん中に移動します。×でダイヤログを消します。 合成、上書きで合成します。 合成、上書きで合成します。

16

17

18

19

20
今度は加工→シルクスクリーンを掛けました。 イメージリサイズで横長の画像にしました。 加工→ブラインドを縦と横に掛けた画像です。 今度はガラス処理を掛けます。 色を濃くするためカラー→ヒストグラム、ノーマライザーを2回掛けました。

21

22

23

24

25
画像上では見えませんがこの行程を行わないと後でブラインドの線が出てきてしまいますので念のため中を白で塗りつぶしておきます。 カラー→XORカラー変換を行います。この行程で布目的な雰囲気が出ると思います。 中を白で塗りつぶします。 カラー→HVSカラー調整で色を調整しました。 加工エンボス2を掛けた後、カラー明るさとコントラストでチョット暗くしました。これをコピーします。

26

27

28

29

30
新しいJTrimを立ち上げ、編集→貼り付けをすると25の画像と同じものが出ますので、カラー2階調化します。 カラー→ネガポジ反転しコピーします。 適当な絵を出し、25と同じ大きさ(この場合900×600)とした後、オイルペイントエンボスで絵を整えた後明るい画素優先で合成した画像です。これをコピーします。 25の画像を出し、暗い画素優先で合成すると完全に白い部分に絵が合成されます。余白作成で環黒付け立体枠加工をし、陰を付け出来上りました。 25の画像をRGB変換した色がこの色です。下の画像はこの色を使い作ってみました。

画像遊びのページへ戻る