文字入れで

変わった模様画像
作りました

フォントWingdingsで使えそうなものを探し、
弄っていたらこんな模様が出来ました。


作った課程です。
クリックすると大きくなります。


1

2

3

4

5
ファイル→新規作成、色紫600×600
(この画像の中の線とダイヤログボックスの値は間違いですのでないことにしておいて下さい)
文字入れ、Wingdings,サイズ500、文字色白でRを入力しました。画像を中央にドラッグします。(ここにある範囲指定枠は間違いです。ないことにして下さい) 塗りつぶし、白で真ん中を塗りつぶしました。(芽のページと同じで、ここにある範囲指定枠は間違いです。ないことにして下さい イメージ→リサイズで縦横の比率を保持するのチェックを外し、横を900とします。 フィリップし画像を反転した後、コピーし、元に戻すツールで元に戻し、編集→合成、明るい画素優先、クリップボードからでOKするとこの画像になります。

6

7

8

9

10
ここでブレを単位20で入れました。 ブレを入れた画像です。(後から替えましたのでこの画像とは少し違います) 今度は、ノイズを入れた後、エンボスをかけました。 ノイズ、エンボスで少し真ん中部分に色が付いてしまいましたので、超新星を使い中の汚れを消しました。 超新星を使用したため、チョット全体が明るい色になりすぎたため明るさとコントラストを使用し調整しました

11

12

13

14

15
画像を合成したい位置をドラッグして決めた後、イメージ→座標指定切抜きをクリックすると、範囲指定した座標が現れます。ここでOKします。そうすると範囲指定した部分が切り抜かれた画像になります。ここで「戻す」ツールで又元に戻します。この操作で、範囲指定した部分が記憶されます。この画像は座標枠が出ているままにしておきます 合成したい画像を出し、イメージ→座標指定切抜きをクリックすると、先ほど範囲指定し、記憶した座標が現れます。現れた指定枠を切り取りたい部分に移動しOKで画像が切り取られます。 切り取った部分をカラーHSVカラー調整で画像を明るく綺麗に調整しました。フェードアウトし、コピーした後、11の画像を出し編集→合成暗い画素優先で合成しました。 次にフェードアウトした画像を出し、「戻し」ツールで元の画像に戻した後
カラー→明るさとコントラストで全体を薄くし、今度はフェードする範囲を小さくし、た後、コピー暗い画素優先で同じように合成しました。
2重の合成で、フェードアウトに深みを加えたつもりです。


これはフォントWingdingsの l(小文字のエル)
を使って作りました






これはWingdingsの { を使いました。
円形枠が立体に見えるでしょうか?

WingdingsのUを使いパンチ加工で
ふくらまし、使用しましたが、
余り意味が無くなってしまいました。
弄っているうち、コルクのような質感の
バックになりました。面白いですね。
何が出来るかワカラナイ・・・


画像遊びのページに戻る