前ページの付録画像 再現しました

丸と角枠で簡単模様



作成手順
クリックすると大きくなります



4

2

3

4

5
550×550色白で新規作成後、円形切り抜きで枠を付けるにチェックを付け枠線の幅5で色を設定し赤丸を付けます。その後余白作成で4方に5の余白を付け、円形切り抜きで違う色で付けます。又同じ方法で色違いの丸を3個付けます。 今度は、角丸切り取りで5の余白を付けた後、同じように3本の枠線を付けていきます。このときの画像の大きさは600×600となります。 エッジの抽出を20で掛けます(好みで2回掛ても良い) ウエーブを掛けますこれをコピします。 ミラーして明るい画素優先で合成後、コピーし、フィリップ後明るい画素優先で合成します。その後エッジの強調3、エンボス3を掛けます。

6

7

8

9

10
色合いを調整します。この辺は好みでやって下さい。 ちょっと色を濃くするためHSVカラー調整で彩度を10付けた後、中を白で塗りつぶします。これを保存しておきます。 7の画像を出し、2階調化248にし、ネガポジ反転後コピーした後、7の画像に戻しておきます。 別のJTrimを立ち上げ、入れたい画像を600×600で用意し、明るい画素優先で合成します。これをコピーします。 7の画像を出し、暗い画素優先で合成しできあがりです。立体枠をつけました。

おまけ

又簡単に復元できるとやってみたら思ったらもう出来ません。
簡単に出来たのですが参りました。


13-2-5作った物

絡み模様のつもりで作りましたが
思ったようにいきません。これから発展させ
良いものが出来たら作成過程を作ります。


上の作風の変形です





画像遊びのページに戻る