渦巻きで曲線を作り

曲線からみ模様

曲がった線が書けないか。前から考えていました。
初めは、「パンチ」や「つまむ」を使って加工としましたが、
思うようにいきません。「渦巻き」を使って見たら出来ました。
他のソフトを使えば簡単でしょうが
JTrimだけにこだわって作るのが面白いのです。
線が交差し、絡み合った楽しい模様が出来ました。

作成過程


1

2

3

4

5
880×300色黒で新規作成し(300を狭くすると曲がりが小さくなってしまいます)文字入れで文字色白フォントMSPゴシックとし、シフトを押しながらアンダーバー(キーボード「ろ」のところ)を押していると線が書けます。 部分的に範囲指定し(ドラッグする)渦巻きを掛けて、曲がった線を書きます。初めは大きな曲がりをつけます。 所々小さく範囲指定し急激な曲げをつけました。 ポイントに丸をつけました。フォントバジョカ書体が完全な○ではなく面白いから使いましたが無ければ普通の丸をつけ、後からその部分を範囲指定し、パンチやつまむで変形させると良いでしょう。 画像の周りに貼りたいので細くするため模様ギリギリに切り抜きます。

6

7

8

9

10
まだ太いのでリサイズで細くします。 編集→全選択した後、イメージ→座標指定切り抜きでOKし、大きさを記憶させた後、コピーします。保存しておきます。 新規作成、900×660色緑で作成後、座標指定切り抜きをクリックし範囲指定枠を上の中央に移動し、×でダイヤログを消した後、編集→合成、明るい画素優先で合成します。 次に7の画像をフィリップ、ミラーした後コピーし、この画像の下に合成します。 7の画像を出し、90°回転した画像をリサイズで長さを短くし、全選択後座標指定きりぬきで大きさを記憶させた後、コピーします。

11

12

13

14

15
左側に合成した後、10の画像をフィリップ、ミラーし、コピーしたものを右に合成します。 出来上がった画像です。あっさりした方を好む方はこれだけでも良いですね。この画像をミラーし、コピーします。又この画像に戻しておきます。 12の画像に、ミラーしてコピーした画像を合成すると、このような画像になります。これで曲線模様が出来上がりました。 貼りたい画像を出し、680×450にし、立体枠をつけるで3
凹ませた後、全選択、座標指定切り抜きで大きさを記憶し、コピーします。
13の画像をだし、座標指定切り抜きをクリックし出た範囲指定枠を中央に移動し、×でダイヤログを閉じた後合成します。立体枠を3つけました。出来上がりです。

画像遊びのページに戻る