クロスステッチ風画像作ってみました

このようなものををクロスステッチ
というらしいですネ。
私は何も知らないため編物画像風として
しまいましたがクロスステッチのほうが
洒落ていますのでので変更です(笑)
編物風はアジアン模様額で
やってみましたが、あの時は
色々やり、かなり面倒な加工でした。
今回は簡単な加工です。
(加工手順はかなり細かく作りましたので
一見大変そうですが簡単と思います)
昨日撮ってきた富士山を加工しましたが
元画の良いものがあればもっと
面白い物が出来そうです。



作った過程です


1

2

3

4

5
元の写真です。鎌倉稲村ガ崎から撮った写真です。
画像の大きさは900×600の大きさです画像が小さいと編み目が旨く出ないかもしれません。
加工→エンボスを掛けました。これを編集→コピーしておきます。 縦横に加工→ブラインドを色黒で掛けました。 ウエーブを単位1で掛けました。 編集→合成で2の画像を、透明度を指定し合成をしました。

6

7

8

9

10
画像を明るくするためカラー→明るさとコントラストを調整します。 ここではカラー→HSVカラー調整で色相、彩度などを弄りました。 立体枠をつけました。これをコピーしておきます。 ここからは額作りです。
ねずみ色で余白作成します。
立体枠をつけます。

11

12

13

14

15
イメージ→テクスチャーをつけました。 又立体枠をつけるで額に丸みをつけました。 編集→合成貼り付けをクリックします。 8でコピーしておいた画像が現れますので真ん中にドラッグし、位置確定をクリックします。 今度は画像よりチョット大きめなところを範囲指定します(ドラッグする)

16

17

18

19

20
立体枠をつけるで凹ませます。 出来上がった額画像です。 ここからはサイン入れです。新しいJTrimで新規作成200×100とし、文字入れでサインを書きます。 サインはチョット曲がった方が良いので任意角度回転で斜めにします。 サインぎりぎりに範囲指定して切り取ります。

21

22

23

24

25
切り取ったサインをカラー→ネガポジ反転します。 これを編集→全選択します。 イメージ→座標指定切取りをクリックするとダイヤログが出ますのでOKし、これをコピーしておきます。 17の画像を出し座標指定切り取りをクリックすると23の工程で記憶した大きさの範囲が現れますのでサインを入れる位置にずらしてきます。 合成→明るい画素優先で合成します。

26

27

28


今度は23の画像を又ネガポジ反転し字に色をつけコピーします。 今度は暗い画素優先で合成します。
サインの部分に少しエンボスを入れて出来上がりです。
25のところで白いサインが出来た時点でサインのの部分を色で塗りつぶせば良いのですが、わざわざ明るい画素優先と暗い画素優先で2回合成したのには意味があります。 サインする位置の色が複雑で明るい色や暗い色が混ざっていた場合は簡単に塗りつぶしでは旨くいきませんのでこのように2工程が必要となります。色々お試しください。

楽しい画像遊びに戻る

久々のページです。
アイディアが浮かばず
新しいものがなかなか出来ません
もうやり尽くしたかな〜
でも頑張ります。