和風枠作成と

変わり切りぬき

円形切抜きとウエーブを使い
波型楕円が出来ましたので
画像を切り抜きし、セピア色変換した
画像に合成してみました。
これにブラインドとウエーブで作った
和風の枠をつけてみました。
画像は今、盆栽棚に咲いている
長寿梅を使ってみました。


作成過程です


1

2

3

4

5
元画像です。 こちらはセピア色変換した後、ブラインドを白、値4で掛けました。保存しておきます。 800×500色黒で新規作成後、イメージ→円形切抜きをしました。 50で余白作成します。 ウエーブを単位10掛けました。

6

7

8

9

10
もう一度ウエーブを3掛けました。 ネガポジ反転します。
これをコピーします。
2の画像に明るい画素優先で合成しました。 1の画像を出し編集→コピーし、今度は7の画像を出し暗い画素優先で合成しました。 周りの黒を白に塗りつぶします。これをコピーします。

11

12

13

14

15
8の画像を出し、暗い画素優先で合成します。 合成した画像です。
立体枠をつける単位3で周りを凹ませた後編集→全選択した後、イメージ→座標指定切抜きをクリックし、OKでこの画像の大きさを記憶した後、コピーし念のため保存しておきます。
新規作成色黒で900×600とします。 余白作成しました。 加工→ブラインドを単位4、色黒で縦横掛けました。

16

17

18

19

20
余白作成しました。 ウエーブを単位1で2回掛けました。 イメージ→座標指定切抜きをクリックすると13で記憶した大きさの範囲指定枠が現れますので真ん中にずらします。 18の画像に明るい画素優先で合成します。イメージの合成画面の上書き合成でも同じように合成されます。 合成された完成画像です。影をつけました。クリックすると上の画像よりこちらの画像の方が大きく現れます。

たいした内容ではありませんが
皆さんがやっている楕円画像の合成を
チョット変え、和風枠をつけてみました。


画像遊びのページに戻る

画像のページ 20