ガラス処理とエッジの強調で
チョット派手な「繊細模様枠」
色々弄っていたらガラス処理とエッジの強調で
カラー模様が出来ることが分かり、
再現画像を造ろうとすると、どう作ったか思いでせず
2日掛かりでどうやら、始め創った物に近い物が出来ました。
再現説明が細かくなってしまい、さぞ複雑とお思いでしょうが
そんなに面倒な物ではありません。どなたかアレンジで楽しい画像を!

作成過程

サムネイルをクリックすると大きくなり説明も書いてあります


1

2

3

4

5
新規作成600×600色水色、背景色ねずみ色でフェードアウトを掛けた後、ポスタライズ、エッジの強調を掛けます。その後編集→全選択し任意回転で45°回転させると2の画像ようになります。 回転させた後、ガラス処理、エッジの強調を行うと、この画像のようになります。これをネガポジ反転すると3の画像のように変色します。 座標指定切り取りでダイヤログの値に設定しOKしますと切り取られます。 切り取った画像をミラー回転しコピーした後ミラー回転する前に戻し、編集→連結します。 4の画像をフィリップしコピーした後4の画像に戻し、連結すると、この画像になります。

6

7

8

9

10
HSVカラー調整で調整します。 イコライズした後、エンボスを掛け、保存しておきます。 600×600で新規作成後45°回転させた画像を700×700にリサイズします。 座標指定切り取りでダイヤログの値に設定し、OKで切り取ります。 9で切り取った画像をネガポジ反転後4スミを白で塗りつぶしたます。回転させたため線が荒れているのでガウスぼかしを単位5掛けた画像です。これをコピーします。

11

12

13

14
使いたい画像を600×600で切り取った後10でコピーした画像を明るい画素優先で合成した画像です。コピーしておきます。 7で保存した画像をだし、真ん中をピンクで塗りつぶします。 11でコピーしておいた画像を暗い画素優先で合成します。 枠をつけ立体枠加工をしてできあがりです。

画像遊びのページに戻る