フォントを使って

フォントを使って

画像遊びに使えるフォンを探していました。
Webdingsにあるが何かに使えないか
前から考えていました。
今回エッジの注出を使ってこのフォント弄り、
違った形の模様に変え、
ちりばめて模様にしてみました。

写真は早咲きの河津桜です。

作成過程

1

2

3

4

5
100×100色白で新規作成し文字入れでフォントWebdingsのLを入れるとこの模様が出ますので、サイズ90色グリーンとしました。 加工→エッジを注出レベル20とします。 ネガポジ反転します。 グリーンの線だけの模様となります。
これを黄色で塗りつぶしました。
縦長にするためリサイズします。

6

7

8

9

10
斜めに角度を任意回転で回転します。 この斜めの模様をギリギリに範囲指定します。70×70の大きさではいると思います。これを切り抜きツールで切り抜きコピーします 編集→連結で右側に連結します。これを又コピーします そして連結、コピーを繰り返し12個作りました。 9の画像を左へ90°回転します。

11

12

13

14

15
10の画像をフィリップしますこれをコピーします。 11の画像を戻しツール(矢印の曲がったものの表示)で9の画像になるまで戻し、下に余白を770つけます。 編集→合成暗い画素優先で11の画像を合成します。 13の画像をフィリップ、ミラーしてからコピーします。 13の画像に戻した後、暗い画素優先で合成します。

16

17

18

19

20
ここで700×700にリサイズしました。この値は適当にやってください 45°回転します。 回転した画像を編集→全選択とした後コピーします。 18の画像を又45°回転すると範囲指定枠の真ん中に16の画像が現れます。 暗い画素優先で18の画像を合成します。これをコピーします。

21

22

23

24

25
今度は22.5°回転した後20の画像を合成します。 合成された画像です。 650×800にリサイズし縦長の楕円模様としました。 色にインパクトがないので、カラー→HSVカラー調整で調整しました。 出来上がった模様です。

26

27

28

29

30
中に画像を入れる部分を範囲指定した後(適当な大きさでやってください)イメージ→座標指定切り抜きをクリックしするとダイヤログが現れますので、OKをクリックした後戻しツールでこの画像に戻しておきます。これで画像を入れる大きさが記憶できました。この画像は最小化し、タスクトレイにしまっておいてください。 新しいJTrimを立ち上げ、入れたい画像を出し、座標指定切り抜きをクリックすると範囲指定枠が現れますので。切りぬきたい位置に移動しOKをクリックすると切り抜かれます。 円形フェードアウトを掛けコピーします。 26の画像を出し、暗い画素優先で合成します。 画像を凹ませた後(立体枠凹ませる単位3)余白作成で30の黄土色の枠をつけ、立体枠をつける(スムースチェック、単位10)で立体枠をつけ、陰をつけました。

31




中の白の部分を薄い水色で塗りつぶし出来上がりました。



前からこのフォントが気になっていましたが
チョット十字架に似ていて旨い具合に使うことが出来ませんでした
今回エッジの抽出を使い線で作った模様とすることにより
違う感じの模様として使うことが出来ました。


その後弄って
こんなの出来ました

25の画像をXORカラー変換したら
面白い模様になりましたので
背景をピンクにし、円形フェードアウトを掛け
円形切り抜きをしました。
シャープ、エンボスも掛けました。


画像遊びのページに戻る