フォントで

繊細模様枠

あのフォントでこんな模様が!

フォントを並べ枠模様にしようと
弄っているうち
面白いものが出来ました。
作成過程を色々変えれば面白い
模様が出来ると思います。

作成過程


1

2

3

4

5
500×500で新規作成し、フォントWingdings2でhとgを繰り返し押し画像のような位置にずらしOKとします。 文字入れをクリックすると同じものが出ますので今度は縦書きをクリックし、画像の位置にずらします 今度はフォントを一つ減らし、縦横につけます。 ミラー、フィリップするとこの画像になりますのでコピーした後、3の画像に戻します。 暗い画素優先で合成するとこの画像のようになります。

6

7

8

9

10
5の画像を加工→シルクスクリーンします。 次にカラー→XORカラー変換します。 ポスタライズで変換します。(黒が基調になりました) パンチを2回掛けました。 元画像の都合上900×600にリサイズしました。

11

12

13

14

15
ここからは元画像の色に合わせた設定です。カラー単色カラースケールでピンクに設定しました。画像の色により変えて下さい エンボスを掛けました。 明るさとコントラストで設定します。 設定した画像です。。加算で合成するには暗くした方が良いようです。これをコピーします。 加算で合成します。この辺は元画像とのマッチングで色々変えて下さい。余白作成と立体枠で出来上がりです。


明るい画像への合成
メイン画像は暗い画像に加算合成で
合成しましたが、この画像は明るめの画像に合成しました。
下に作成過程を作りましたのでごらんになって下さい。

作成過程


1

2

3

4

5
上の作成過程の10と同じ画像です。 ネガポジ反転します。これをコピーします。 合成する画像を出し、暗い画素優先で合成します。 2の画像を1の画像に戻した後、単色カラースケールで色つけします。 エンボスを掛けコピーします。

6

7



今度は加算合成し、合成の出来上がりです。 枠をつけ立体枠にして出来上がりです。


これはこのページを作るため
色々試し出来た画像です。

これも良いかもしれません

画像遊びのページに戻る