フォント画と波紋で

「おもしろ模様枠」

フォント記号でで枠を作ろうと色々弄っていたら
波紋をかけることでフォント記号が色々変わることに気がつきました。
モノクロフォント記号がカラーになった。これは面白い使える・・・
色々弄って面白い模様が出きましたので、写真に合成してみました。

作成過程

サムネイルをクリックすると大きくなり説明も書いてあります


1

2

3

4

5
450×300色白で新規作成し、文字入れ黒でWingdingsにし、ダイヤログのように
zをサイズ37で10個入れます。位置をずらしOKします。
次に又文字入れをクリックすると同じダイヤログが出ますので今度は縦をクリックし左、立てに入れます。(このとき左上がある程度交差する位置に移動しOKします。理由は模様がチョット面白くなります) ここでエッジを抽出をかけます。 波紋をかけます。振り幅1,波紋の長さ10を3回かけます。
(この回数は好みで変えてください)
ミラーした後コピーし前の画像に戻します。

6

7

8

9

10
右へ連結します。これをフィリップし、反転した後コピーし、この画像の位置に戻します。 コピーしたものを下に連結します。 ヒストグラム→イコライズをかけ濃くします。 彩度を上げた後、シャープにするをかけます。 出来た模様をコピーします。

11

12
900×600で使う画像を出します。この画像は周りが暗いので加算合成が綺麗に出来ますが、明るい画像の場合は
縁に暗めの余白をつけリサイズで900×600として次の合成を行ってください。
加算合成し、出来上がりです。立体枠をチョットつけました。


似たような手法からこんな画像が出来ました

色々弄ってこのようなものが出来ましたが
作成過程は残せませんでした。。。


こんなのも出来ました
フォント記号を音符にしたら面白かったかも知れません。



作成過程


1

2

3

4

5
500×500で新規作成した後、10の余白を付けていきました。色は適当に。 上で付けたフォント模様を付けました。 エッジの抽出です。 波紋を何回かかけ気に入った模様になったらイコライズを数回かけシャープにするをかけ、コピー。 加算合成後、枠を付け、立体枠加工しました。


画像遊びのページに戻る