リニューアル

楕円立体額
以前楕円立体額は作ったことがありましたが
作成過程を残さず、文章で作った過程を書きましたが
見直してみて、自分でもどう作ったか分かりませんでした。
今回、思い出しながら作成過程を作ってみましたが、
例によって、前作ったものには及びませんでした。


作成過程です。
サムネイルをクリックすると大きくなります。


1

2

3

4

5
涼しげな滝の写真です。800×600にリサイズしました。 表示→背景をグリーンにし、フェードアウトを掛けました。 イメージ→円形切抜きを行ないます。 この画像は後で必要となります。編集→全選択した後、イメージ→座標指定切抜きをクリックするとダイヤログがでますのでOKとします。これで大きさが記憶できました。編集→コピーします。 別のJTrimを立ち上げ、編集→貼付けを行ないますと、4の画像が現れます。回りを黒で塗りつぶします。

6

7

8

9

10
4の画像を出し余白作成をします。 塗りつぶしツールで、回りを塗りつぶす色を設定します。 設定した色に回りを塗りつぶします 次にイメージ→テクスチャーを掛けます。 円形切抜きで、切り抜きます。

11

12

13

14

15
回りを茶色に塗りつぶします。 余白作成で同じ色の肉盛りをします。 又、円形切抜きします。 ここでテクスチャーで汚れた絵の修復です。座標指定切抜きをクリックすると4で記憶した大きさの範囲指定が現れますので、真ん中に移動します。
ここでダイヤログのみ×で消します。
5の画像を出しコピーした後、14の画像に明るい画素優先で合成すると、写真のテクスチャーの汚れが取れます。画像をクリックし範囲指定を無くします。

16

17

18

19

20
全選択した後、座標指定切抜きをクリックしOKとし、コピーします。 新しいJTrimを立ち上げ、貼り付けで16と同じ画像を出し、回りを黒く塗りつぶします。この画像は後で使います。 16の画像を出し回りを茶色に塗りつぶした後、同じ色で余白作成します。 背景を白、又はごくう水茶色に設定し、フェードアウトを掛けます。 円形切抜きをします。

21

22

23

24

25
18と同じよう茶色余白を今度は20つけフェードアウトしNo20と同じ円形円形切抜きをした後、又20つけフェードアウトし円形切抜きをします。但し最後の円形切抜き時の枠線は10としました。 21で出来上った画像にテクスチャーで木目をつけました。回りにもテクスチャー模様が付いてしまいますので、白で塗りつぶします。 テクスチャーで汚れた中のみ消す作業です。座標指定切抜きをクリックすると16で記憶した範囲が現れますので、真ん中に移動します。ダイヤログを×で消します。 17の画像をコピーし、範囲指定内に明るい画素優先で合成します。 出来上った画像です。
はたして立体に見えるでしょうか?

前作ったものです

画像遊びのページへ戻る