涼しげな額入り画像作ってみました。

ブレを使って模様付け

加工→ぶれをいじっていて面白い模様が出来ました。
額の模様にしてみました。

クリックすると大きくなります。


1

2

3

4

5
元画像です。大きさは576×425ピクセルにしました。 もう一つJTrimを立ち上げファイル→新規作成、元画像と同じ大きさでグリーンの薄い色で立ち上げた後、余白作成で余白の大きさ20、色白として余白を付けました。 次に加工→ぶれ、大きさ30に設定しOKで上記の画像となります。 画像を埋め込みたい位置をドラッグし、範囲指定します。範囲指定された大きさは右下に表示されています。 元画像のJTrimを立ち上げます。4画像で埋め込む大きさが分かりましたのでイメージ→リサイズでその大きさにリサイズします。この画像をコピーし、4の画像を開き、編集→合成、上書きで4の画像の範囲指定枠の中に合成します。これをコピーしておきます。

6

7



余白作成で余白の大きさ全て20,色薄紫とした後、OK,その後イメージ→テクスチャー、メタルとしで強さ80とした画像です。 編集→合成貼り付けをした後、画像を真ん中に移動し、外側や画像の部分に立体ワクを付けました。


上の画像の変形です。
透明度を指定し合成、
暗い画素優先でもう一度
合成をしました

3で作ったブレ画像を元画像と同じピクセルになるよう
リサイズしておきます。元画像をコピーし、ぶれ画像に、
透明度を指定し合成(この場合値は60くらい)を行いました。
鮮明画像を入れたい箇所を範囲指定します。
その部分を白塗り(塗りつぶしで白に塗る)した後、
今度は合成→暗い画素優先で
合成すると中が鮮明画像になります。
まだ範囲指定が残っているので、ここで立体ワクをへこませるで
付けます。(この場合値は5とした)次は外の立体ワク作りです。
立体ワク→へこませるチェック、この場合18としOK、
又立体ワク、今度はへこませるのチェックを外し、
スムースチェック、値16としました。

画像遊びのページに戻る