こんな模様が出来ました

ビール缶を積み重ねた様な模様

飲んべえの私にはビール缶に見えてしまいます。
素晴らしい模様をお作りの、きまぐれさんのサイトに行き再現し楽しんでいます。
ある模様を作ろうとして、チョット単位を変えてみたらこんな模様が出来ました。
JTrimを弄っている時、偶然面白い模様が出来ます。
これをどう作ったか思い出し、作成過程を作って説明するのが大変な作業です。
私は最近暇なので、何とか作り、本格的復帰を目指し何でもアップしてしまいます。




作成過程
画像をクリックすると大きくなります。

今回からは、編集→合成、加算合成といった面倒な表現はせず、いきなり加算合成といった表現をしますが
初心者で再現される方はそのツールを色々探して加工してみて下さい。


1

2

3

4

5
500×500白で新規作成し、ブラインド50を付けます。 これにウエーブ5を付け、この画像をコピーします。 2の画像をミラーした後、加算合成で合成します。これをコピーし、フィリップします。 フィリップした後3の画像に減算合成します。これをコピーします。 4を90°回転しコピーした後、減算合成します。

6

7

8

9

10
5の画像を」エッジの強調20をかけた画像です。これをコピーします。 6の画像をミラーした後、明るい画素優先で合成します。これをコピーします。 7の画像をフィリップし、明るい画像優先でで合成します。 8をネガポジ反転します。 9をセピアカラーに変換します。その後HVSカラー変換で彩度を20にした後、ソフトレンズ7をかけた画像です。この辺は好みで変えて下さい。

11

12

13

14

15
座標指定切り抜きでダイヤログの値に設定します。OKし切り抜き、大きさを記憶した後又この範囲指定の画像に戻しておきます。(範囲指定枠はそのまま) 新しいJTrimを立ち上げ、入れたい画像をだし、座標指定切り抜きをクリックすると11で記憶した大きさの範囲指定枠が出ますので、必要な箇所に移動させた後OKで切り抜きます。これをコピーします。 11の画像を出し、範囲指定枠内に合成します。 画像を凹ませます。 外枠を作り完成です。


これも真似をし弄って途中分からなくなり、
適当に弄っていたらたらこんな綺麗な画像が出来ました。
残念ながら作成過程を保存してありません。
同じものの再現は不可能でしょうが、その内、
この画像に近いものを作り、作成過程を発表します。





画像遊びのページに戻る