*朝一回の充分な灌水と夕方の灌水を与える。
    
*花が咲き出すと殺虫剤の消毒が出来ないので、早咲きの品種が本格的に咲き出す中旬頃までに行う。

・開花前の花腐れ予防の消毒も重要。(ダイセンステンレスやバイレトンは開花中でも散布が可能)

*肥培が目的の物(花はどうでも良いがとにかく幹を太らせるのが目的の物)は肥料を充分に与える。

・花を観賞するものは花が乱れるので与えない

*鑑賞するものは鉢の清掃、乱れている枝棚の整理をする。(伸びすぎている新芽は切り取る。化粧鉢は少量の食料油を布に付け磨くと見栄えする)

*鉢土に苔を貼ると見栄えがするので、良い苔を探し、鉢土に貼ると良い。出来れば数種類の苔を貼ったほうが良い。

*展示会に出品する物で、どうしても鉢替えしたいものは出品直前に行うほうが花に影響が少ない。(但し展示会が終わったらすぐ花を取り、樹を休ませる。)

*開花し始めたら、雨等当たらない場所に鉢を移し、鑑賞する。

・雨などに当て花腐れが発生してしまったら、病気に掛かった 花はすぐ摘み取り、その場に捨てないで、ビニール袋などにいれ、処分する。摘み取った後はダイセンステンレス、バイレトン等散布し、被害拡大を防ぐ